本文へジャンプ
お問い合わせ・リンク集サイトマップトップへ
TOP>カウンセラーになるには

カウンセラーになるには

 環境カウンセラーになるためには、経歴等を記載した申請書及び指定されたテーマに沿った論文による書面審査、そして面接審査に合格することが必要です。

 (※この制度は、人材登録制度であり、国家資格ではありません。また、登録された方について活動の場を保証する制度でもありません。)


 審査の流れ

申請  7月〜8月 
↓  
書類審査  申請書等及び指定されたテーマによる論文
 審査結果通知10月下旬予定
↓  
面接審査  面接 [全国複数ヶ所で11月〜12月頃実施予定]
 審査結果通知 翌年1月下旬予定
↓  
登録  翌年4月〜
↓  
活動  翌年4月〜

 令和2年度環境カウンセラーの募集について

(1) 申請受付期間(募集期間):
令和2年7月20日(月)〜9月4日(金) ※当日必着    <今年度の募集は終了しました>

(2) 申請方法:
募集期間内に次の[1]〜[4]の書類等を電子メールで提出してください。(詳細は下記(5)の募集要項を参照)なお、申請の際には必ず(5)のチェックシートを使用し、提出物を確認してください。申請手数料は無料です。
  • [1] 申請書(様式第1号、別紙1、別紙2の3点): [EXCEL]
  • [2] 実務経験証明書/活動実績証明書(別紙1の経歴を証明または補完する証明書): [EXCEL]
    ※申請日の時点で事業者部門は「5年以上」、市民部門は「4年以上」の環境保全に関する活動実績の証明が必要です。
    ※証明が得られない性質の活動(学生の活動等の)場合には、企画書・新聞記事等証明の代わりとなる資料を添付してください。
  • [3] 別紙2に記載した資格等の取得を証明または補完するもの
    ※必ず別紙2に記載した順番に添付してください。
  • [4] 課題論文(2,000文字以上4,000字以内): [Word]
    ※原則、パソコン又はワープロで作成してPDFで送付してください。 また、審査に係る連絡は電子メールにてお送りしますので、申請書には必ずメールアドレスを記載してください。
(3) 選考方法 :
実績・資格・経歴、環境保全に関する知識や専門性を活かした提案力・コーディネート力、カウンセリングやコミュニケーション能力等、環境カウンセラーとしての適性を申請書、課題論文、面接にて選考します。

(4) 申請書提出先(事業者部門・市民部門共通):
環境カウンセラー全国事務局 (公益財団法人日本環境協会
 MAIL:counselor@jeas.or.jp
  〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル5階
  TEL:03-5829-6359/FAX:03-5829-6190


 
(5) 募集要項等 :
以下からダウンロードしてください。
  • 令和2年度環境カウンセラー募集要項 [PDF]
  • 申請書等記載例  [EXCEL]
  • 提出書類チェックシート [PDF]
 ※ダウンロードができない場合は上記(4)環境カウンセラー全国事務局へお問合せください。
 
(6) 面接審査日程 :(いずれも予定)
【名古屋】11月29日(日)
【大阪】12月5日(土)
【東京】12月13日(日)
(参考)過去3年間の合格者数・合格率一覧
<合格率>
年度 事業者部門 市民部門合計
申請数合格数合格率申請数合格数合格率合格率
令和元年度 47 20 42.6% 37 20 54.1% 47.6%
平成30年度 43 18 41.9% 31 22 71.0% 54.1%
平成29年度 61 29 47.5% 48 26 54.2% 50.5%

<新規登録者数(都道府県・部門・性別)>
令和元年度 [PDF]
平成30年度 [PDF]
平成29年度 [PDF]