環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
1996
氏名
田村 憲司 (タムラ ケンジ)
部門
市民 
性別
男 
年代
60代 
専門分野
土壌・地下水、環境アセスメント、環境教育、自然観察(植物、鳥、水生生物、昆虫、星空等)、森林保護、森林保護以外の自然保護、市民活動、地球環境問題、環境全般、その他 
主な活動地域
茨城県つくば市  
主な経歴
筑波大学大学院生命環境系教授。土壌学、土壌環境教育を専門としている。土壌の大切さ、土壌環境保全、自然保護について教育・研究を行なっている。日本全国で土壌の観察会を開催している。東日本大震災の原発事故後には、各地で放射セシウムの土壌中での挙動と植物への影響について講演している。 
特記事項
日本土壌肥料学会代議員。日本ペドロジー学会評議員。著書「土の絵本全5巻」(農文協)など。 【研修受講履歴】2009関東1、2005関東(専門)、2000東京  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

SDGsパートナー講座の開催

活動日2018/12/23
分野産業
対象大人
属性高校以上
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

SDGsは全世界の市民、全国国民、市民が一体となって取り組む課題です。すべての人々がSDGs推進の主体者となるための講座を開催して、普及啓発活動を推進しなければなりません。


 

生命を育む土壌のひみつ

活動日2018/09/02
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性小学校
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

生態系の基盤となっている土壌の重要性についてわかりやすく解説します。
植物を育てるはたらき、雨水を蓄えるはたらき、有機物を分解するはたらきなどを土壌は果たしています。世界中でその土壌が破壊されたり、汚染されたりしています。土壌を守っていかなければ、私たち人類は生存もできないのです。


 

土壌環境保全のための農地及び林地の土壌調査活動

活動日2018/08/16
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  研究・発表・執筆

日本のいろいろなところで土壌荒廃が進んでいます。その現場において、土壌保全のための基礎的土壌調査を行い、土壌保全の方策や持続可能な利用方法について提案します。


 

環境マイスター育成講座

活動日2018/06/10
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  講演・講師

自治体と市民のつなぐコーディネーターで、市民の環境教育の指導者としての環境マイスターを育成する講座を開催します。
個別課題を設定して、実践研究として成果をまとめて発表していただき、指導者として活動していただきます。


 

Rangeland Ecosystems in Mongolia(モンゴルの放牧地生態系) の編集・出版

活動日2018/03/16
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  研究・発表・執筆

過放牧や干ばつによる砂漠化が進行しつつあるモンゴル国の草原の調査、回復に向けての研究を通じて、モンゴルの放牧地生態系という書籍を編集・執筆しました。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室