環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
1998
氏名
石田 宏洋 (イシダ ヒロミ)
部門
事業者 
性別
男 
年代
70代 
専門分野
地球温暖化、資源・エネルギー、3R 
主な活動地域
神奈川県川崎市  
主な経歴
コージェネレーション技術開発と提案による普及拡大に努めた。エネルギー利用合理化のための工場等調査と改善提案を実施。廃棄物処理の合理化とリサイクルに関する提案と事業化支援。バイオマス等のエネルギー利用に関する提案と事業化支援。温暖化対策・CO2排出抑制に係る提案と事業化支援。平成19年3月より石田技術士事務所代表。 
特記事項
地球環境問題・エネルギー利用合理化に関する講演・普及啓発活動を大学及び民間団体にて実施。バイオマス・新エネルギー普及拡大・循環型農業を核にした街づくり活動実施。 【研修受講履歴】2002東京2、2000東京  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

地球温暖化とマイクロコージェネ

活動日2014/10/16
分野地球温暖化
対象大人
属性企業・団体
依頼元高校以上
活動区分  講演・講師

太陽光発電、風力発電、小容量のマイクロコージェネ、燃料電池を組み込んだコミュニティーエネルギーシステムが近年注目を集めている。

コージェネレーションは発電と同時に生産される排熱を冷温熱として有効利用し、高いエネルギー効率が達成できる。さらに、電力デマンド削減、CO2削減・地球温暖化対策に寄与する省エネルギー設備である。
これらのエネルギーシステムの適用を広げる普及活動を行うとともに、バイオマス及び廃棄物のエネルギー利用や堆肥化等の利活用に取組んでいる。

再生可能エネルギー利用やバイオマスに関する講演、問合せ等が契機となりコンサルティングに至る場合や、省エネルギー診断実施による運用改善や省エネルギー設備の導入検討提案を通じて省エネルギー技術の導入支援に至ることが多い。その結果、運用改善で期待した効果が得られたり、補助事業に採択されて依頼者の負担軽減となり、好評を頂いた事例も少なくない。

また、大学生・大学院生を対象として、コージェネレーションや地球温暖化対策に関する講演を毎年行っている。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室