環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
1998
氏名
千疋 昌昭 (センビキ マサアキ)
部門
市民 
性別
男 
年代
60代 
専門分野
自然への愛着,生態系・生物多様性,公害・化学物質 
主な活動地域
福岡県北九州市  
主な経歴
平成12年に北九州市で開催された「グローバル500アジアフォーラム」にて、城山小学校の公害の様子を報告。以来、学校・地域・報道機関に北九州市の公害克服の原点となった城山小学校の閉校までの公害の様子を講話。北九州を中心に自然観察や自然に親しむフィールドワーク等を実施している。 
特記事項
福岡県環境マイスター派遣委員(降下煤塵日本一を記録し閉校した城山小学校の当時の話)。こどもエコクラブ推進委員(小学校の児童を中心に自然愛護や環境教育推進)。「○○川の清流をとりもどす会」相談委員。委員会や地域児童と蛍の幼虫を飼育し地域の川に放流(地区の郷土愛を育む取り組み)等。 【研修受講履歴】2017九州、2016九州、2010九州  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

公害によって開校21年で閉校となった城山小学校と環境都市北九州の歩み

活動日2015/08/25
分野公害・化学物質
対象大人
属性小学校
依頼元小学校
活動区分  講演・講師

北九州市は国連環境計画UNEPや地球サミットUNCEDにおいて国連自治体表彰など、公害克服の優れた環境モデル都市になった。その公害の悲惨さと克服までの課程を全国の小学校社会科等で学習が展開している。
表題の城山小学校は、昭和31年開校そして、公害によりわずか21年で閉校となる。その公害と住民の苦悩を先生方とフィールドワークや懇談しながら、授業構想のお手伝いをしている。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室