環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2001
氏名
江本 匡 (エモト タダス)
部門
事業者 
性別
男 
年代
50代 
専門分野
生態系・生物多様性、水質、公害・化学物質 
主な活動地域
北海道札幌市  
主な経歴
環境コンサルタント企業において、企業による生物多様性・生態系保全活動のサポートを行うとともに、環境アセスメント、環境汚染対策の実務実績を多く持つ。エコアクション21審査人として企業の環境マネジメントシステム審査を実施している。さらに大学での環境マネジメント関連の講義の実績あり。 
特記事項
博士(環境科学)、技術士(総合技術監理部門/環境部門)、CEAR登録環境審査員補(A11218)、EA21審査人(040308)、環境計量士(濃度)【研修受講履歴】北海道地区環境カウンセラー研修(2010から2016) 【研修受講履歴】2017北海道、2016北海道、2015北海道  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

熱吸収能力の高い農業資材の評価に関する相談

活動日2017/11/28
分野資源・エネルギー
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  委員・助言

熱吸収能力の高い農業資材を開発した企業から、熱吸収能力が高い原因を詳しく評価したい、という相談があった。
これまでの経緯やデータをもとに協議を進め、大学の専門家へつなげ、詳細な分析評価を実施中である。


 

北海道環境マネジメントシステムスタンダードの普及啓発

活動日2017/11/10
分野産業
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  普及啓発

北海道商工会議所連合会からの依頼で第31回北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO)の商工会議所連合会ブースで北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)の復旧啓発活動を実施した。


 

環境マネジメントの講義

活動日2016/04/19
分野公害・化学物質
対象大人
属性高校以上
依頼元高校以上
活動区分  講演・講師

○○大学(教育系大学)での講義「環境マネジメント」のなかで、公害の歴史から環境マネジメントの普及まで、企業や社会が環境問題(公害から地球環境問題まで)にどのような取組みを行い、それがどのような効果があるのかについて体系的に伝える講義を実施した。
講義は90分×3回で行った。毎年実施しているが内容は新しいトピックを加えながら常に変化させて実施している。


 

環境マネジメントの講義

活動日2015/04/21
分野公害・化学物質
対象大人
属性高校以上
依頼元高校以上
活動区分  講演・講師

○○大学での講義「環境マネジメント」のなかで、日本の公害の歴史から環境マネジメントシステムについて担当した。講義の担当時間は3コマ(90分×3)であった。該当する学生は主に1〜2年生である。日本の公害の歴史から地球環境問題への展開、そして産業界で形成された環境マネジメントシステムの考え方など幅広い内容であったが、新鮮な内容であったようで最後まで聴講してもらったと考えている。


 

環境マネジメントに関する講義

活動日2014/04/22
分野産業
対象大人
属性高校以上
依頼元高校以上
活動区分  講演・講師

環境コンサルタント企業において、環境アセスメント、ISO14001構築コンサルティング、土壌、地下水汚染対策の実務とEA21審査を実施しています。

また、教育系大学では非常勤講師として「環境マネジメント実習」を担当しています(座学として4コマ分)。
日本の公害の歴史から地球環境への国際的な取組等や、ここ50年間の歴史的な環境問題の経緯とともに、マネジメント手法としてのPDCAが一般の経営手法であることを伝えることで、学生たちが将来教員として子ども達に伝えてもらいたい常識を身につけることを狙いとしています。

また、社会人を対象とした環境関係セミナー講師の実績もあります。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室