環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2003
氏名
松村 利治 (マツムラ トシハル)
部門
事業者 
性別
男 
年代
70代 
専門分野
大気、水質、環境マネジメント・監査、廃棄物、リサイクル、土壌・地下水、騒音・振動・悪臭、エネルギー、化学物質、環境教育、地球環境問題、環境全般 
主な活動地域
千葉県浦安市  
主な経歴
昭和50年から57年迄、化学プラントの排水・排ガス処理設備の設計・建設・運転管理を担当。平成7年から11年迄、化学工場で環境管理とレスポンシブル・ケア活動の事務局を担当。平成11年から17年迄、化学工場の品質・環境・安全・防災管理を担当。平成18年から環境カウンセラーとして活動している。 
特記事項
資格:公害防止管理者4種類、特管産廃管理責任者、土壌環境リスク管理者、エコアクション21審査人等。委員:化学工学会編集委員等。 【研修受講履歴】2018関東、2017関東、2016関東1  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

地球温暖化のお話

活動日2016/08/28
分野地球温暖化
対象子ども
属性小学校
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

小学校・公民館などで環境学習出前講座の講師を4回務めた。地域イベントに温暖化防止市民団体員として3回出展した。
これらは千葉県地球温暖化防止活動推進員、浦安市環境学習アドバイザー、所属する市民団体やNPO団体の活動の一環であり、地球温暖化防止を中心テーマとして取り組んだ。これらの活動を効果的に進めるために、地球温暖化防止や適応などの関係セミナーに積極的に参加して、最新情報の取得に努めた。


 

エコアクション21の登録・中間・更新審査

活動日2016/03/02
分野産業
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  環境マネジメント

従来同様、エコアクション21(EA21)の審査人として、登録、中間及び更新審査を10件余り担当し、事業者に対して環境経営システム活動の助言を行った。
そのために、審査人としての力量向上に資する研修会に参加する機会を多く持った。また、Eco-CRIP支援相談人としてEA21の広報活動を行った他に、1件の支援相談を担当して、EA21登録申請に結びつけた。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室