環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2003
氏名
岡本 明子 (オカモト アキコ)
部門
市民 
性別
女 
年代
50代 
専門分野
生態系・生物多様性、地球温暖化、資源・エネルギー 
主な活動地域
愛知県名古屋市  
主な経歴
動物園等を利用した環境プログラム作成。社会見学型環境講座企画など。愛知万博では、秋篠宮家眞子内親王殿下、佳子内親王殿下のご案内も務める。日々の生活に隠れた環境を'見える化'、環境を考えるきっかけへと導く。名古屋市・愛知県教育委員会との協働多数。一般・PTAへの講演・出前授業・執筆など 
特記事項
中学高校理科教論、学芸員、旅行業務取扱管理者。『これでわかったニュースの科学用語』共著・技術評論社。ベネッセ『夏のチャレンジ』審査員。『生きものにぎわい企業活動コンテスト』審査委員。生物多様性戦略検討会委員(農林水産省)、愛知県環境審議会委員、愛知県生涯学習審議会委員など歴任。NHK教育テレビ「どーする地球のあした」元回答者。元食料・農業・農村政策審議会委員。元食品安全委員会リスク 【研修受講履歴】2016中部、2011中部  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

環境カウンセラーと行く 「日本庭園を探る~日本庭園の成立と生物多様性~」

活動日2018/04/25
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

大人の社会見学型環境講座、今回のテーマは日本庭園です。日本人の自然観を写しているともいえる日本庭園ですが、造成のコンセプトや茶道とのかかわりを考える機会はあまりありません。人が作り出した空間ですが、多種多様な生物の住処ともなっています。日本庭園は、環境が安定しているため、希少種が生息する豊かな自然を擁してもいます。日本庭園を、再考します。
4/25日本庭園とは何か? 5/23日本庭園を造る。 6/27白鳥庭園をめぐる。 7/25徳川園をめぐる。 8/22日本庭園と茶道。


 

『いきものにぎわい企業活動コンテスト』審査委員、環境大臣賞、農林水産大臣賞を選定

活動日2018/02/06
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性企業・団体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

『いきものにぎわい企業活動コンテスト』は、生物多様性の保全や再生に努力する企業・事業者を顕彰する。審査委員として、環境大臣賞・農林水産大臣賞などを選定する。
主催は、(公社)国土緑化推進機構・(公社)日本アロマ環境協会・(公財)水と緑の惑星保全機構・地球環境行動会議(GEA) からなる、いきものにぎわい企業活動コンテスト実行委員会、環境省・農林水産省・経団連自然保護協議会が後援している。
各企業の強みを生かした活動が素晴らしい。生物多様性が“主流化”することを切に願う。


 

ベネッセ『夏のチャレンジ』環境部門審査委員、文部科学大臣賞などの選定

活動日2018/01/18
分野生命
対象子ども
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  委員・助言

ベネッセコーポ―レーションの依頼を受け、毎年、環境部門の審査員を務めている。一般公募の環境に関する作品を審査、文部科学大臣賞や審査員特別賞などを選出する。
テーマが広く審査する立場としては難しいが、子どもらしい視点にこちらまでワクワクする。家族とともに取り組んでいる例も多く、環境への関心の広がりを心強く思う。作品に取り組んだこと、受賞したことがきっかけになり、将来にわたって環境に関心を持ち、行動していく子供たちが増えることを期待している。


 

大人の社会科見学『セントレア(中部国際空港)まるごとウォッチング』企画・運営

活動日2017/10/24
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

名古屋市の助成を受け10年程続くセントレア講座、中部国際空港を5~6日間かけてめぐり、空港関連施設の環境配慮や、CIQの現状、安全担保の取り組みを講義+見学で学んでいく。
制限区域での見学のため、企画者としては神経を使うが、参加者には好評だ。環境部門と検疫部門など関係者同士の交流の促進にもなっている。
講義・見学先:中部国際空港(株)、エネルギー供給(株)、リサイクルセンターサンエイ(株)、税関、入国管理局、検疫所、動物検疫所、鳥インフル検査センター、植物防疫所、環境省、国際郵便局、気象庁等


 

三遠南信地域女性交流会講師「家族みんなで取り組む”家庭の省エネ”」

活動日2017/08/30
分野地球温暖化
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

豊橋市長・豊橋市民協創部市民協働推進課の依頼を受け、飯田市・浜松市・豊橋市の女性団体の代表に、2時間弱、講演を行った。参加者は100人以上、女性団体の代表者がほとんどのため、波及効果を期待する。
家族みんなができる省エネをという依頼に応え、生活の中の省エネポイントを金額に換算して提示、講演後の話し合いの話題提供とした。女性団体であることを考慮して、ジェンダーにかかわりの深い水問題なども掘り下げた。実践的な内容に、参加者・依頼者双方から好評だった。


 

見学型環境講座『人の移動~公共交通の変遷と未来~』企画・運営

活動日2017/05/10
分野産業
対象大人
属性企業・団体
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

名古屋市の助成を受け、2005年から大人の社会科見学、見学型環境講座を開講している。
今回のテーマは公共交通、6時間以上の講義と5日間の見学で、公共交通の変遷や未来を考えた。特に、高齢化や過疎化への対応など、まちづくりや生活者の利便性への視点も考慮した。
行政関係者の参加もあり、多角的な議論を行った。関係者間の交流や、参加者の率直な意見の発露などもあり好評だった。
講師:中部運輸局交通部長、環境省、愛知県交通対策課、名古屋市住宅都市局など
見学先:リニア鉄道館、リニモ、ゆとりーとラインなど


 

名古屋国際会議場でポスター発表

活動日2015/11/03
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  研究・発表・執筆

名古屋国際会議場25周年記念シンポジウム「次代につなぐ環境~あいち・なごやの取り組み」が開催され、自身の『《環境+》の活動(環境だけではなく新しい視点をも加えた活動)』について、ポスター発表を行いました。
大きなシンポジウムだったので参加者も多様で、たくさんの方々に、私の活動を知ってもらうことができました。また、多くの方々からご意見もいただくことができました。
いつもとは違った人との交流は、刺激的で貴重な体験となりました。


 

『いきものにぎわい企業活動コンテスト』の審査と表彰式

活動日2015/10/15
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性企業・団体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

皇太子殿下・同妃殿下、関係大臣など列席の下、『いきものにぎわい企業活動コンテスト』表彰式が開催され、審査委員として出席しました。
このコンテストは、企業等による生物多様性の保全や持続的な利用等の実践活動が継続的に顕彰され、さらなる広がりを推進することを目的としています。
私は、市民目線を忘れないよう審査に臨み、環境大臣賞、農林水産大臣賞などの選定をします。
わかりにくい、何をやったらいいのかさっぱりわからないと言われることも多い『生物多様性』が、より身近なものになっていけばと願っています。


 

ESD講演会の講師

活動日2015/07/10
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性小学校
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

愛知県教育委員会の依頼を受け、半田市立有脇小学校で、ESD講演会の講師を務めました。
ESDの一般論だけでなく、事前ヒアリングで入手した情報をもとに説明を展開、大変好評を得ました。
訪問した小学校では、地域ぐるみで『かいどり(池干し)』を行っていました。毎年楽しく行っていた『かいどり』が、生物多様性やESDにも関係していると知り、今年の『かいどり』が楽しみになりました、という感想もいただきました。
環境への関心を持ち続けることが大切だ、ということが伝わって嬉しいです。


 

中日新聞への掲載

活動日2015/04/24
分野消費生活・衣食住
対象大人
属性その他
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

中日新聞に顔写真入りで大きく掲載されました。
私の活動を紹介。特に5月から始まる社会見学型講座『セントレア(中部国際空港)まるごとウォッチング』の内容までをも掲載されたため、申込者が殺到、メディアの威力の大きさを実感しました。
さらに、講座申し込みではなく、見学先の照会や申し込み方法の詳細などの問い合わせなどもいただきました。コーディネイトさせていただき、実際の見学につながったところもあるようです。
人の輪とともに、環境への関心も広がっていくようです。


 

社会見学型環境講座『道のこれまで、道のこれから』の企画・運営

活動日2015/03/01
分野産業
対象大人
属性その他
依頼元自治体
活動区分  企画・活動

名古屋市の主催するなごや環境大学の仕組みを使い、社会見学型環境講座を企画して12年目、2015年は道をテーマに講座を企画した。
環境面からはたたかれることの多い道だが、私たちの生活にはなくてはならないものだ。また、今日では、環境への配慮も手厚い。さらに、社会資本の補修の時期に入り、その手法も知りたかった。国交省、環境省、県、市、中日本高速の協力を得、終日*5日間の講座を実施した。
座学の日を除き、バスで移動、道・橋梁・トンネルの建設現場を見学、橋の補修、近代遺産保存などの現場に立ち会った。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室