環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2003
氏名
道盛 正樹 (ミチモリ マサキ)
部門
市民 
性別
男 
年代
60代 
専門分野
生命、自然への愛着、生態系・生物多様性 
主な活動地域
兵庫県西宮市  
主な経歴
平成15年3月まで川西市役所勤務、昭和49年から9年間自然保護業務に従事。昭和47年4月から日本蘚苔類学会会員。昭和52年4月から大阪市立自然史博物館友の会評議員、昭和63年4月から兵庫県自然保護指導員。平成13年9月からNPO法人大阪自然史センター理事、現副理事長。 
特記事項
コケ植物観察会や講演会を通じて自然環境保全の啓発活動。各地のRDB調査に従事。教員免許(社会科)。NPO法人野生生物を調査研究する会発行「生きている武庫川」「生きている猪名川」「生きている揖保川」寝屋川市発行「寝屋川の自然」の分担執筆。 【研修受講履歴】2015近畿 【研修受講履歴】2015近畿、2005近畿  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

コケワークショップ

活動日2018/12/01
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

自然の神秘の入り口として、コケを紹介した。
プリザーブド加工したコケを使ったストラップづくりにも挑戦!コケスタンプで絵葉書づくり、コケに関する質問にも対応した。


 

川西のコケと生育環境

活動日2018/07/12
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

身近な里山環境のある満願寺境内を中心にして、コケの生育場所の違いについて観察した。
4億年前に陸上に進出したコケの祖先から陸上植物の繁栄が起こったこと。土の上、岩の上、樹の幹などにコケ植物が生育環境に適応した性質を獲得していることを観察を通じて、自然環境の保全を考えた。


 

ガラスの中の小さな地球!苔テラリウムづくり

活動日2017/07/28
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性小学校
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

ガラス瓶の中に、本物の苔やミニチュアアイテムを入れて、自分だけの小さな地球(森)を作ろう!夏休みの自由研究や工作に。


 

コケ観察会

活動日2017/06/17
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

兵庫県六甲山 ハイキング道 山田道でコケを通じて生きものの繋がりを観察する。
オオルリの巣を観察、巣作りにコケが使われている。野鳥の生息環境を巣作りから考えてみることができた。


 

川西市高齢者大学自然学科講座講師 「里山のコケ植物」

活動日2017/06/08
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

川西笹部一帯の里山林は地域のシンボルとなっている。小さな緑であるコケ植物の多様性が身近にも感じられることをその生育環境と結びつけ解説した。


 

吉野川紀の川しらべた隊~吉野山のコケをしらべよう

活動日2017/05/07
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性自治体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

神社の石垣は人間が組んだものだが、その石はこのこの地域の砂岩や泥岩などの堆積岩であり、そこに生えているコケ(コバノチョウチンゴケ)はこの地で自生していたもので、植え付けたものではない。
こんな景観に代表される人と自然の上手なおつき合いの姿を、コケの観察を通して参加者のみなさんと一緒に考える。


 

ぶらっとコケ散歩~初心者向けコケ観察会(奈良公園でコケ観察)

活動日2017/03/19
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性その他
依頼元その他
活動区分  講演・講師

コース県庁~依水園~二月堂(手向山八幡宮)~飛火野。コケ観察に欠かせないルーペに使い方、蘚類・苔類の観察ポイントを解説し、コケから広がる自然の多様性を感じてもらった。


 

「街中のコケ観察」

活動日2016/02/22
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性自治体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

街中でも様々な種類が観察できる。
コンクリート・土崖・石垣・土上・庭石・松の樹皮 
小さな環境の違いを感じ取る  40名の参加


 

「コケの観察入門」コケ植物(10種類)の生育環境を知ろう

活動日2016/02/15
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  講演・講師

「コケの観察入門」コケ植物(10種類)の生育環境を知ろう
 ・苔類蘚類ツノゴケ類の3分類
 ・生育基物(土・岩・樹幹) / 乾燥・湿潤・水辺(水中) / 陽地・半陽地・陰地
 ・コケ植物のふしぎ をサブテーマに   80名


 

川西市高齢者大学自然学科講座

活動日2015/06/11
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

「里山のコケ植物」6月11日および 6月30日 里山の森は地域のシンボルとなっている。
その移り変わりを紹介するとともに小さな緑であるコケ植物の多様性が身近にも感じられることをその生育環境と結びつけ解説した。36名、32名、川西市笹部


 

都市部・周辺部のコケ植物調査

活動日2015/03/18
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性その他
依頼元その他
活動区分  講演・講師

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」、滋賀石山寺、奈良長谷寺、24回累計約252名にコケ植物を視点に地域の多様な自然環境保全を解説した


 

川西市まちなかアートフェスティバル

活動日2015/03/01
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

コケ植物の解説とテラリウムづくりを実施
コケの生育環境を考える 21名


 

苔でアート

活動日2015/03/01
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

川西市立中央図書館で、ワークショップ「苔でアート!」を行いました。有料(材料費お一人500円)講座にもかかわらず、22名というたくさんの方にご参加いただきました。苔の生態や育て方などについて説明した後、苔のテラリューム作りにチャレンジしてもらいました。参加者の皆さんは和気あいあいとプログラムに取り組み、コケの魅力にハマったみたいです。


 

身近なコケ観察

活動日2015/02/22
分野生態系・生物多様性
対象子ども
属性自治体
依頼元企業・団体
活動区分  講演・講師

毎年、自治体からの依頼で苔の観察会の講師をしています。今回はJR高槻駅から伊勢寺まで歩きながら、苔の観察会を行いました。参加者は27名、実施した日はちょうど雨あがりでコケの葉が開き、絶好のコケ日和となりました。
まずは西武百貨店の植え込みで、ゼニゴケ、ナミガタタチゴケなどを観察。伊勢寺への道すがら、ハリガネゴケ、ホソウリゴケ、ギンゴケが道路脇にぽこっと生えていました。伊勢寺ではサヤゴケ、ヒジキゴケ、エゾスナゴケ、ヤマトフデゴケ、ハイゴケ、タカネミゾゴケ、フクロヤバネゴケといった、たくさんの種類のコケが観察できました。毎年一番寒い季節に行う会ですが、今年は小雨でも暖かく、じっくりと観察することができ、地味ながらも熱い観察会となりました。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室