環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2004         他部門
氏名
中西 由美子 (ナカニシ ユミコ)
部門
市民 
性別
女 
年代
40代 
専門分野
自然への愛着、生態系・生物多様性、水質 
主な活動地域
東京都日野市  
主な経歴
環境コンサルタント会社に約20年間勤務し、自然環境保全関連の業務に従事。2013年4月独立し、環境関連のNPO法人に勤務しながら、環境コンサルタント、自然体験活動の企画・運営、植物調査、自然観察のガイド、セミナー講師等を実施。地元日野市では環境基本計画策定に参画。市民による都市農業研究会事務局。 
特記事項
農学学士(水産学専攻)。技術士(建設部門、環境部門)、森林インストラクター、ビオトープ施工管理士1級・計画管理士1級、生物分類技能検定(植物1級・動物(魚類1級))、グリーンセイバーマスター。かわさき市民アカデミー講師。 【研修受講履歴】2007関東1、2006関東1、2005関東(専門)  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

児童館の樹名板づくりとドングリクラフト

活動日2013/11/24
分野自然への愛着
対象大人
属性その他
依頼元企業・団体
活動区分  企画・活動

地域の児童館の裏にある水路を拠点として環境教育等を展開しようと活動しているグループからの依頼で、ビオトープに親しんでもらうことと、ドングリで工作することで、身近な自然に興味を持ってもらうことを目的としたイベントを支援しました。

この水路周辺に、今年の夏、木や草を植えましたが、それらの植物の名前がわかるように、樹名板を作りました。このイベントに備えて、地域のボランティアの方々と打ち合わせを重ねて、樹名板の作成方法やイベントの運営方法について、樹名板によって人々が草木の名前がわかるようにするという1つの目標を定めてみんなで作っていくという視点と、子どもの自由な発想を生かすようにとアドバイスをしました。また、秋のドングリを使ったクラフトづくりも、樹名板作成の合間に実施しました。

地域のさまざまな協力者と共に、それぞれの得意分野を活かして役割を果たす楽しさや、自然とふれ合う機会の少ない子どもたちに自然と接する体験を企画・実施する意義を感じてもらえたと思います。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室