環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2011
氏名
佐藤 博 (サトウ ヒロシ)
部門
事業者 
性別
男 
年代
60代 
専門分野
環境マネジメント・監査、廃棄物、リサイクル、土壌・地下水 
主な活動地域
愛知県名古屋市  
主な経歴
2000年からISO14001構築し、2002年1月に認証取得しました。2011年3回目の更新を完了した。その間環境管理責任者を務めております。産業廃棄物の中間処理・収集運搬を行っている部署にて、産業廃棄物管理(リサイクル含む)全般を行うとともに。排水管理も担当している。 
特記事項
2002年12月に環境審査員補に登録、2003年には土壌リスク管理者、土壌環境保全士の資格を取得、2006年には環境サイトアセッサーとなる。また、品質審査員補の資格も2008年に取得している。 【研修受講履歴】201405中部  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

豊田市主催 産業廃棄物処理業者のための廃棄物適正処理講習会

活動日2018/04/20
分野3R
対象大人
属性企業・団体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

2018年2月15日に豊田市主催の「産業廃棄物処理業者のための廃棄物適正処理講習会」で講演を行ったのですが(昨年度報告済)、その記事が『循環あいち』という冊子に記事になりました。2018年4月20日号


 

優良産廃事業者と認定され、感じ思った事

活動日2018/02/15
分野産業
対象大人
属性企業・団体
依頼元自治体
活動区分  講演・講師

優良産業廃棄物処理業者としての苦労した点や良かった点、感想などを産廃処理業者対象にお話しくださいとのことでした。
20~30分くらいの講演で、パワーポイントの資料を作成しお話ししました。申請前の不安な点や、認定されてからのメリット・デメリット・感想を中心にお話をしました。


 

PCB廃棄物の仕分方法及び処理方法について

活動日2017/10/05
分野公害・化学物質
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  普及啓発

PCB廃棄物全般にわたって、高濃度・低濃度及びPCB廃棄物にあたらないもの等の仕分方法と、処理方法(処理施設等)についての質問が、昨年に続きまだまだあります。
会社や個人としての利益には繋がりませんが、PCB廃棄物の運搬処理に携わっているものとして、カウンセラーとして不法投棄に繋がらないように電話及びメールで資料を送付を行ったりしました。


 

PCB廃棄物

活動日2016/12/02
分野3R
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  委員・助言

総合建設業者から、解体現場での施主が保有しているPCB廃棄物の処理進め方。低濃度と低濃度以下のコンデンサ等の処理委託までの進め方の相談に乗りました。電話での相談業務なので、口頭だけでの回答になりました。当社営業部からの依頼もあり丁寧に回答しました。現場の廃棄物の担当者だったので、理解が早く説明をすぐに理解していただいた。


 

建設汚泥(産業廃棄物)の処理とリサイクル

活動日2015/10/20
分野3R
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  普及啓発

建設汚泥の処理方法をスライドで説明後、プラントをじっさいに見て頂いたのち、疑問点等の質疑を行いました。


 

PCB廃棄物収集運搬と保管について

活動日2015/10/09
分野公害・化学物質
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

PCB廃棄物の集積(57か所)と漏洩止め・保管場所への運搬の入札のための相談がありました。PCB廃棄物のガイドラインにより、事前確認が必要であること、漏洩物については拡散を防止する措置が必要であることなどの説明を行いました。


 

PCB廃棄物 安定器・低濃度廃棄物等の処理・運搬について

活動日2015/05/15
分野公害・化学物質
対象大人
属性企業・団体
依頼元企業・団体
活動区分  委員・助言

私はPCB収集運搬の許可を有する法人に所属しており、日頃からPCB廃棄物処理について多くの問い合わせに対応しています。
PCB廃棄物処理は、高濃度のものはJESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)において行い、低濃度PCB廃棄物は環境省認定の処理施設(民間)で行うこととなっています。
JESCOは全国5か所(北九州・大阪・豊田・東京・北海道)にあって、それぞれの地域で処理施設が決められていたのですが、今回広域処理が始まって、中部地域においても豊田JESCOで処理されるものと、北九州JESCOで処理されるものとに分かれたということや、機器の大きさや(コンデンサーの10KG〜3KGまで、3KG以下)や種類(コンデンサー、安定器等)によって処理する場所が違ったりなど、少し込み入ってる点も多いため、関係各所のHPなどを紹介しながらなるべくわかりやすく説明するように心がけています。
また、小型機器や安定器の荷姿登録についての問い合わせも多くなってきており、公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団に随時最新情報の提供や指導を受けならがら、荷姿登録や仕分けについて助言や指導を行っています。
PCB廃棄物処理については、みなさん理解するのが難しいようなので、もっと解りやすい資料を利用するなど、さらに工夫を重ねていきたいと思っています。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室