環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2012
氏名
寺田 仁志 (テラダ ジンシ)
部門
事業者 
性別
男 
年代
60代 
専門分野
生命、自然への愛着、生態系・生物多様性 
主な活動地域
鹿児島県鹿児島市  
主な経歴
県埋蔵文化財センター所長,博物館主任,県文化財課係長,高校理科教員などの職歴。現在,鹿児島大学・近畿大学非常勤講師,文化庁調査員,環境省希少野生動植物保存推進員,鹿児島市・十島村文化財審議会委員,天然記念物「城山」「蒲生のクス」「喜入のリュウキュウコウガイ産地」等保全検討会委員長 
特記事項
「川の生きもの図鑑」(南方新社 編集・共著),「四季を彩る 一木一草」(南方新社),「奄美群島の野生植物と栽培植物」(南方新社 共著),「「鹿児島植物記」(南方新社)自然を調べる―理科自由研究ガイド〈中学生版〉(木馬書館 共著),みどりの日自然環境功労者環境大臣賞受賞(令和元年) 【研修受講履歴】2015九州  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

鹿児島県河川整備計画検討委員会

活動日2020/12/25
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

鹿児島県が管理する河川について流域の特性に適応した「河川整備計画」を策定に寄与することを目的とした委員会で河川工学、防災、都市計画、植生、水産、文化財、利水、経済、教育、町づくり」等の専門家が河川整備計画に関して審議し意見を述べる。


 

メヒルギ再生整備活用検討委員会

活動日2020/06/30
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

国の特別天然記念物「喜入のリュウキュウコウガイ産地」のメヒルギは指定地内にシルト土が堆積し呼吸困難になって枯死したり、平成28年1月寒波による凍害によって地上部の大半が枯れるなど壊滅的な被害を受けた。このメヒルギを再生させるため、鹿児島市では樹木医、生態学・河川工学などの専門家、行政(国、県、市)の担当者で委員会を設置し、この委員会の指導の下、文化庁、鹿児島市の費用で再生事業を行っている。この委員会の委員長として委員を招集して、環境改善のための会議を進行させている。


 

鹿児島市集成館地区整備活用専門家委員会

活動日2020/05/27
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼・造船、石炭産業」のうち鹿児島市の構成資産について適切な保存、公開および活用を進めるための委員会で植生の専門的な立場から助言する。、


 

桜島・錦江湾ジオパーク資源保全会議

活動日2020/03/30
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

桜島・錦江湾ジオパークのジオ資源の保全と適切な利活用を推進するにあたり必要な事項を検討するため、地質、植生の学識経験者、所在する自治体の担当者を構成員とする保全会議で生態系の分野から助言する。


 

蒲生のクス保護増殖検討委員会

活動日2020/03/02
分野生態系・生物多様性
対象大人
属性自治体
依頼元自治体
活動区分  委員・助言

国の特別天然記念物、日本の巨樹100選の第1位の蒲生のクスについて、樹勢が衰えてきたため、文化庁の補助金と姶良市の費用で姶良市が樹勢回復のため保護増殖事業を行っている。この事業に関し、樹木医、所有者、行政(国、県、市)、業者で検討委員会を構成し委員会主導で事業を5年事業で実施している。本委員会の委員長として、会を進行させ、樹勢回復を計画的に行っている。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室