環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者 詳細

登録年度
2016
氏名
高木 奈津美 (タカギ ナツミ)
部門
市民 
性別
女 
年代
20代 
専門分野
生命、自然への愛着、生態系・生物多様性 
主な活動地域
福岡県福岡市  
主な経歴
東邦大学里山応援隊、地域団体「畔田谷津ワークショップ」、佐倉市環境保全課と協働し、里山景観保全・維持管理作業、各種生物調査の実施、講演会等を行ってきた。現在は博多湾生きものネットワークに所属し、博多湾周辺の生物調査実施、生きものログ記載や年1回の図鑑発行に携わっている。 
特記事項
生物分類技能検定3級/NACS-J自然観察指導員/ビオトープ管理士2級(計画部門) 【研修受講履歴】2017九州  

このカウンセラーに問い合わせ


活動の紹介

第13回「共生のひろば」への参加・出展(主催:兵庫県立博物館)

活動日2018/02/11
分野自然への愛着
対象子ども
属性その他
依頼元その他
活動区分  研究・発表・執筆

年1回開催される市民イベント「共生のひろば」への参加について博物館の方からお声掛けをいただき、「博多湾生きものネットワーク」として過去3年間に発行した図鑑の紹介、団体の活動紹介、標本展示等を行った。
主に関西圏の参加者が多く、活動地域・世代を超えた交流ができた。
貝の標本に興味を持たれる方が多く、貝の生態の説明のほか、小さいお子さんも身近な自然を観察できる方法として、ビーチコーミングなどを紹介した。大阪湾ではあまり見られない貝を見ながら、生物多様性について考えてもらうきっかけ作りができたと考える。


 

子ども向け「カニずかん」の発行

活動日2017/06/20
分野自然への愛着
対象子ども
属性その他
依頼元その他
活動区分  研究・発表・執筆

博多湾の海岸でよく見られる、カニ類の生態を解説したミニガイドの作成(本文・イラスト作成の主担当)、発行を行った。
「アカテガニの一生」「カニの求愛ダンス」など、読んで楽しいミニコラムを充実させた。
海辺の生きものに関心のあるお子さんから大人の方まで、自然観察のミニガイドとして活用していただければ嬉しく思う。
博多湾生きものネットワークホームページからPDF版がダウンロード可能。


 

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室