環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者検索結果

結果一覧

表示順選択: 新しい登録年度順古い登録順 | 氏名五十音順

[3316件のデータが一致しました]

連番 氏名 登録年度 登録部門 活動地域 主な経歴
1 浅野 涼太 2018 市民 新潟県新潟市 公園の指定管理者として環境に関する活動の普及啓発に寄与している他、積極的にビオトープ管理を実施することで生物多様性や自然環境の保全に寄与している。また、生き物研究広報団体Bio connectに所属し、生物の調査および県民参加型の体験活動を実施している。
2 安孫子 敬一 2018 事業者 宮城県仙台市 (1)クライアント(生産工場)におけるエネルギー原単位を低減させるために、設備投資および工程の効率化を推進し、結果をモニタリングし、省エネ効果について検証している。(2)クライアント(生産工場)において化学物質のSDSに基づき環境保全及び労働安全上のコンプライアンス体制を確立し、法的要求事項からの逸脱や汚染を予防する体制を構築・運用指導している。(3)クライアント(リサイクル工場)において廃棄物のリサイクルシステムを確立し、リサイクル率の向上度合いをモニタリングして、再生資源活用を推進している。
3 天野 一雄 2018 事業者 兵庫県神戸市 地域の中小企業の環境・安全・衛生のコンサルタントとして業務を通じてエコ活動するとともに、これからの子どもたちにより良い環境を残すために、石炭火力発電を考える会、北摂里山サポーターズクラブのメンバーとして活動しております。
4 飯田 徹也 2018 事業者 東京都大田区 アサヒ社品証部在籍時にビール工場環境監査担当。出向先のモルト社で環境担当役員としてEMSのレベルUPとEA21環境管理責任者、エネルギー管理統括者。 環境プランニング学会員。 城南環境カウンセラー協議会に入会、EA21審査員として15社の審査担当、おおた工業フェア出展の主担当。
5 石津 容子 2018 市民 兵庫県川西市 平成10年より猪名川の定点調査。コミュニティ対象の親子観察会実施。平成25年3月より手造りのトンボ池。平成27年トンボ池完成。トンボ池にてコミュニティ親子観察会。黒川にて北県民局、ラジオ関西、キャンプ場の山ざらい等のイベントに観察会で参加。黒川の里山を持続させるための冊子完成。
6 板谷 浩男 2018 事業者 東京都調布市 都市公園において、オオタカをはじめとする希少猛禽類の保全のための指針の作成を行ってきた。また、オオタカの保全については、日本野鳥の会東京などが主催したオオタカに関するシンポジウムにおいて東京多摩地区におけるオオタカの繁殖状況について報告を行うなど精力的に活動をおこなってきた。
7 伊藤 拓夫 2018 市民 大阪府枚方市 学校法人の事務職に携わる中で、建設コンサルタントの環境部署で自然環境保全業務等で地域の保護団体との保全活動や動植物を対象とした環境教育の講師等を行った経験から、身近ないきものとの触れ合いを通じた幼児環境教育を行うとともに、園外保育等で幼稚園教諭や保育士との自然観察を行っている。また、地元の自然環境調査活動などにも参画している。
8 梅崎 由美子 2018 市民 福岡県糟屋郡新宮町 環境啓発団体を立ち上げ、生物多様性・省エネ・3R・消費生活・化学物質などの暮らしにかかわる環境問題をテーマとして、問題提起とその解決策を伝える活動(セミナー・上映会・会報発行など)を行う。また、福岡県地球温暖化防止推進員としての活動、3Rに関する事業所への訪問の業務にも従事した。
9 大宅 公一郎 2018 事業者 佐賀県佐賀市 佐賀県在職中は農業土木職員として、圃場整備やクリーク水路の護岸整備、さらに里地・里山の自然環境、生活環境の保全・整備を行ってきた。定年後は、建設コンサルタント会社に就職し、クリーク水路の護岸整備に間伐材を利用した場合の木杭の腐朽度・耐久性の調査など、木材利用の普及に努めている。
10 岡野 幸次 2018 市民 静岡県静岡市 昭和59年から現在に至るまで、静岡県天文研究会として、地域の天文普及啓発活動の中で、環境保全に向けた取組を行っている。主な活動は、清水船越堤公園星の広場天文台での一般観望会(毎月第3土曜日)及び特別観望会(公民館等の要請や天文イベント)である。
11 表 伸也 2018 事業者 宮城県仙台市 前職の大手通信会社ではエネルギー管理士としてエネルギーの管理・使用削減業務に従事。現職は、取締役環境エネルギー本部長兼上席エネルギーコンタント及び環境省CO2削減ポテンシャル診断機関責任者として、エネルギーコンサルティング業務(エネルギー診断・省エネルギー施策提案等)を実施している。同時に、ISO14001審査員として第三者監査にも従事している。また日本経営士会では、経営士養成講座の環境経営講師、環境経営士養成講座講師、等を担当している。
12 恩田 知佳 2018 事業者 島根県松江市 島根県地球温暖化対策協議会事業者部会を受け持ち、またEA21の地域事務局を担当することで、島根県及び商工会・会議所等と連携を取り中小企業に対するエコ活動の啓発から始まり、段階が上がったEMSを構築するための支援に取り組んできた。
13 掛橋 俊彦 2018 事業者 神奈川県海老名市 製造業の総務部門で、本社・工場に勤務し廃棄物管理部門で排出事業者としての経験と、現在の廃棄物処理業の管理部門にて、法令にかかる手続きを担当しながら、自社処理施設来訪者への事業紹介などを担当する。
14 上口 浩幸 2018 市民 大阪府吹田市 平成17年より大阪環境カウンセラー協会において、市民及び事業者等の環境学習を担当。環境学習においては、身近な素材を活用した体験型学習を中心として実施。また、平成24年度からは環境インストラクター応募資格取得セミナーにおいて、環境実験教室デモンストレーションを担当してきた。
15 工藤 拓 2018 事業者 千葉県流山市 伊藤忠商事で投資に伴う環境・人権等のESGリスクマネジメント、ISO、廃棄物・排水・排気等環境法規制の相談対応、助言、教育活動を実践(2012-2016)。食品卸の日本アクセス(出向先)でISO14001新規格移行、SDGs・ESG投資対応の啓蒙活動等を実践中(2016-)。
16 近藤 晋司 2018 市民 岐阜県岐阜市 大学、大学院にて、河川生態学を専攻。 岐阜市役所にて、当市初の生物多様性地域戦略の策定を担当。また環境教育の担当として、岐阜市内の河川において、主に小学生を対象に水生生物の生態等について解説。 毎年、11月初旬に長良川で開催される「アユの産卵観察会」では、水中撮影の補助を担当。
17 後藤 加奈子 2018 市民 福岡県北九州市 市民団体青い地球の会ブルーアースを立ち上げ、ESD教材を開発、実施している。2013年には環境省事業に採択され、北九州市教育委員会を通して学校長向けのESD講座を主催した。オリジナル教材やメソッドを作り、保育園、学童クラブ、小学校での授業の講師をしている。
18 柴谷 尚男 2018 市民 大阪府泉大津市 環境調査分析機関に勤務し、大気、水質、騒音、振動、廃棄物など種々の環境調査、分析、環境アセスメント、生活排水及びごみ処理基本計画の作成等に従事してきた。個人では、「環境が人をつくり、人が環境をつくる」考えのもと、出前授業など環境教育活動を行っている。
19 杓谷 信一郎 2018 事業者 東京都港区 1999年12月社命により、環境マネジメントシステム(ISO14001)構築に着手し、2001年5月に認証取得。構築作業から18年余り、事務局として会社の環境活動の運営に従事し、2017年4月からCSR推進グループ長を拝命し、社会的責任に関する検討と取組みを開始しました。
20 庄司 一也 2018 市民 千葉県千葉市 熊本大学大学院中退後、東京スクールオブビジネス、滋賀大学、徳山大学などで環境教育やキャンパスクリーン活動に従事し、現在、帝京平成大学講師。 平成26年環境教育インストラクター資格取得セミナー事例発表、平成29年環境教育インストラクターフォローアップセミナー基調講演など。

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室