環境省環境カウンセラー

環境カウンセラーとは カウンセラー検索 カウンセラーになるには 活動紹介

環境カウンセラー登録者検索結果

結果一覧

表示順選択: 新しい登録年度順古い登録順 | 氏名五十音順

[3278件のデータが一致しました]

連番 氏名 登録年度 登録部門 活動地域 主な経歴
1 浅野 かつ代 2017 市民 岐阜県安八郡輪之内町 平成11年から輪之内町の可燃ごみ減量を目指し各自治会に生ごみ分別処理説明を実施。現在までに全世帯数(3000世帯)の約半分1500世帯に、可燃ごみとして出された生ごみ(約300t)を分別処理する協力を得ている。
2 渥美 宗久 2017 事業者 愛知県愛西市 ISO14001認証取得のため1996年5月よりマネジメントシステムの導入ならびに環境改善業務に従事。1998年4月あら6年3ヶ月間第1製造課の責任者として部門管理並びに環境改善を強い。2004年7月から現在に至るまで(13年間)環境部で環境マネジメントシステムの拡充、維持、改善業務に従事。
3 有田 乾 2017 事業者 福岡県宗像市 (株)中島ターレットの品質管理課長として、2004円より電力使用量削減活動、2014年より工場長として環境保全活動、特に生産活動での省エネルギー、省資源への取り組み、工場周囲清掃活動への参加を指導した。個人としては2016年、許斐山の自然を守る会に参加して活動を継続している。
4 江藤 真紀子 2017 市民 福岡県糟屋郡篠栗町 平成7年より食品添加物検査、産業廃棄物、河川、飲料水等の水質検査業務に従事。平成9年から(一財)福岡県浄化槽協会に勤務し、浄化槽の水質検査業務に従事。平成24年から小学生向けに環境学習の出前講座を実施。のべ90校、およそ3,900人の子ども達に『水』に関する環境教育を行っている。
5 大下 宗亮 2017 事業者 高知県高知市 建設コンサルタントの技術者として、河川水辺の国勢調査、環境アセスメント、環境モニタリング、多自然型川づくりの評価、環境学習会(講師)に従事した。営業部では、CSRの一環として河川清掃等のボランティアや環境学習の講師を務めた。また特定外来種の分布、駆除等の企画調整・運営を支援した。
6 大竹 邦江 2017 市民 東京都八王子市 八王子市地球温暖化防止活動推進員として、各種イベント等での家庭の省エネアドバイス、各市民センター等での「家庭の省エネ講座」での講師、小学校・学童保育所での「環境学習会」等で環境教育・温暖化防止活動を実施しています。
7 岡本 一雄 2017 事業者 東京都千代田区 ・フランチャイズチェーンにおける、廃棄物の適正処理の徹底とリサイクルの推進 ・ペットボトルのコンビニエンスストア店頭回収実証事業の推進 ・循環型リサイクルの構築(食品・ペットボトル)
8 小川 朝日 2017 事業者 静岡県浜松市 入社より、水質調査及び産業廃棄物調査、河川・湖沼等の一般環境調査を担当している。近年は、排水処理の改善提案を行う傍ら、土壌汚染状態の予測及び将来的な調査に向けたアドバイス、油脂類の油汚染に対する浄化対策の提案を行い、低公害社会構築を念頭に活動している。
9 小椋 真弓 2017 市民 福島県福島市 持続可能な共生社会に向けて環境研究と環境活動を行っていたNPOで12年間活動をした。地域の団体や環境活動やまちづくりを行っている人たちと地球温暖化防止活動の基礎を固めた。東日本大震災以降は、再生可能エネルギーの普及に向けて、ネットワークを作って情報を共有し事業化支援などを行った。
10 河西 朗 2017 市民 東京都世田谷区 清掃工場長として、廃棄物の焼却処理によって公衆衛生に寄与し、焼却熱の有効利用と地球温暖化対策に努めた。公害防止、環境負荷の低減に取り組み、地域住民に親しまれる清掃工場を目指している。清掃工場を拠点とした環境教育を充実させ、清掃事業への理解促進と環境保全活動の普及に貢献した。
11 久保 順一 2017 市民 兵庫県神戸市 「こうべ森の学校」は、神戸の再度公園で活動する森林ボランティア団体で、私はそのスタッフとして森林整備を行い森林保全の技術養成に努めるとともに、市民に森林整備の体験学習や自然観察会を行っている。また、種々の団体の自然観察会の講師を務めている。
12 小池 貴司 2017 市民 愛知県長久手市 平成19年6月、愛知県環境部の「もりの学舎インタープリター」に登録。愛知県の環境学習施設「もりの学舎」で「インタープリターと歩くもりのツアー」や「工作教室」などを担当。また、愛知県地球温暖化防止活動推進委員や環境省地球温暖化防止コミュニケーターなどの活動にも取り組んでいる。
13 小西 裕子 2017 事業者 岡山県岡山市 私は10年間、地方公共団体の地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の策定及び運用支援業務に従事しています。近年では、各自治体においても国に遜色ない目標の設定、省エネ行動を含めた地球温暖化対策の検討、カーボン・マネジメント体制等の構築等を支援しています。
14 小堀 功 2017 市民 千葉県市川市 民間大手企業で環境保全の実務責任者として14年間勤務。専門は廃棄物処理、排水処理、騒音・振動。アースコン・マツドに所属し出前講座(地球温暖化/食育とバイオマス)と水質環境から学ぶエコ石鹸教室を担当。環境劇団とんがらし座主宰「ごみってなんだろう」寸劇を通しゴミ問題と再資源化を提起。
15 齊藤 次郎 2017 市民 山梨県甲府市 これまで、傷ついた野生鳥獣の救護活動を行ってきました。鳥獣保護以外にも職場では大学生に対してのインターンシップ、高校生や中学生の職場体験をサポートする活動を行っています。また、鳥獣センターでイベントを行う際、環境教育を活かして野生鳥獣を学んでもらうために普及啓発活動を行っています。
16 佐伯 美保 2017 市民 福岡県福津市 2003年より福津市郷育カレッジ講師、ESDの推進に向け幼児期からの環境教育「森のムッレ教室」等を地域や幼稚園で開催、2011年より森のムッレ教室等リーダー養成講師を務める。アサギマダラ調査と食草保全、多様な生物を育む無農薬の米作りと生物調査、自然観察ブック等を発行している。
17 坂上 正美 2017 事業者 大阪府吹田市 私は環境装置メーカの水処理技術部門および環境・エネルギー研究所で水処理プラント装置の開発、計画、設計および下水汚泥からのメタンガスの回収、発電、資源化技術の開発に従事した。また、公共下水道施設維持管理会社で下水汚泥処理施設(濃縮、脱水、焼却設備)の運転管理業務に従事した。
18 佐々木 長徳 2017 事業者 秋田県大仙市 河川改修やダム事業などの改変行為に対し、植物の移植や動物の生息地整備など、地域の自然環境保全に努めている。また、野生生物による農作物被害への対策指導、地域住民を対象に農業用水路の観察会なども実施している。
19 佐々木 秀智 2017 市民 青森県八戸市 私が主に実施してきた分野は地球温暖化防止活動です。再生可能エネルギーの導入や省エネルギーの推進です。FITが導入される前で住宅用太陽光発電の補助金がなかった2008年-2009年において、導入促進手法の1つであったグリーン電力証書による大量導入を環境省の補助事業を活用しながら事業を進めた。
20 島田 賢治 2017 市民 福岡県糟屋郡篠栗町 平成7年4月より(一財)福岡県浄化槽協会にて勤務。平成22年3月まで浄化槽法に基づく検査に従事。平成22年4月以降、環境フェア等で啓発活動を行うとともに、学校教育における環境学習、地域コミュニティにおける生涯学習、行政担当者研修、国際環境人材育成研修等において講師を担っている。

環境省大臣官房環境経済課環境教育推進室