本文へジャンプ

文字サイズ

プログラムで探す
熊本県
2016.04.14 

森林の役割と地下水・ 私たちの暮らしとのつながりについて考えよう

[プログラムの目標]
①日本そして世界の森林事情について学ぶ。
②熊本の豊かな地下水やそれを育む森林の役割、公益的機能について理解する。
③森林や地下水、そして私たちの日々の暮らしとのつながりについて気づかせる。
④体験学習をとおして郷土の自然や環境問題に関心を持たせる。
⑤持続可能な社会づくりに向けた具体的な行動計画づくりと実践を行う。

[プログラムの概要]
 日本そして世界の森林事情や森林の公益的機能、熊本の豊かな地下水や私たちの暮らしとのつながりについて学ぶ。まず生徒の関心喚起のため、樹木や植物の葉っぱの実物や写真等を使い、テーマについての興味・関心を引き出すとともに、ワークショップをとおして、課題提起を行う。次に企業が行う水源涵養の森づくりや工場見学等の体験学習をとおして、森林の役割や熊本の貴重な水資源を未来に引き継ぐための取組み等について学び、理解促進を図る。生徒が自らの実体験をとおして、郷土の自然や環境問題等に関心を持ち、持続可能な社会づくりに向けて、自分たちができる具体的なアクションプランづくりを行うことによって今後の行動につなげる。

[分野]
国際理解、自然への愛着、生態系・生物多様性、水、地球温暖化、資源・エネルギー、産業、消費生活・衣食住

[対象]
中学校

[教科/領域]
社会、技術・家庭、総合的な学習の時間

持続可能な社会づくりの構成概念
  • 多様性
  • 相互性
  • 有限性
  • 公平性
  • 連携性
  • 責任性
ESDの視点に立った学習指導で重視する能力・態度
  • 【批判】批判的に考える力
  • 【未来】未来像を予測して計画を立てる力
  • 【多面】多面的、総合的に考える力
  • 【伝達】コミュニケーションを行う力
  • 【協力】他者と協力する態度
  • 【関連】つながりを尊重する態度
  • 【参加】進んで参加する態度
  • 森林を良い状態にたもつためのワークショップ

  • 森林の役割を体感しよう


地域

分野

対象

教科/領域

  • 小学校中学校
  • 小学校中学校
  • 小学校
  • 中学校
  • 小学校中学校
  • 小学校
  • 小学校中学校
  • 小学校
  • 小学校
  • 小学校
  • 小学校中学校
  • 小学校
  • 小学校中学校
  • 中学校
  • 中学校
  • 中学校
  • 小学校中学校
  • 中学校

キーワード