本文へジャンプ
環境省総合環境政策環境教育・環境学習・環境保全活動環境教育等促進法 関連情報2(2) 環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び、環境教育並びに協働取組の推進のための施策 > 各主体の連携

環境教育等促進法 関連情報

各主体の連携

基本方針 施策・事業の名称 施策・事業の概要 備考
各主体による協働取組を推進するために必要な情報が各主体に行き渡るよう情報提供に努めるとともに、地域における活動のコーディネーターを育成し、地域で活躍できるよう支援すること。 環境カウンセラー事業 (環境省) 環境カウンセラーへの新規登録希望者の受付・選考を行うとともに、環境カウンセラーの活動の支援や研修の実施、活動報告等のとりまとめ等を行う。
地域におけるESDの取組強化推進事業 (環境省) 活動の共有やネットワークづくりを目的とした「ESD学びあいフォーラム」を開催し、環境保全分野とジェンダー、人権、文化といった様々な分野との間で活動のESD化や連携を推進して持続可能な社会づくりを推進する。
ESD活動支援センター (文部科学省、環境省) 平成28年4月に官民協働プラットフォームとして、ESD推進ネットワークの全国的なハブ機能を担う「ESD活動支援センター」を開設、平成29年7月から9月には地方における広域的なハブ機能を担う「地方ESD活動支援センター」を全国8か所に設置した。これらのセンターにおいて、ESD推進のためのフォーラムの開催や、相談業務のほか、地域ESD活動推進拠点の登録促進などのESD推進ネットワーク構築に向けた取組を実施。 https://esdcenter.jp/
都道府県又は市町村が、環境部局と教育部局や教育委員会、その他の関係部局から構成される環境教育等推進協議会を組織する場合、各部局の連携が推進されるよう助言を行うこと。 環境教育等地方自治体担当者会議等の開催 (文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省) 自治体環境教育担当者会議を開催し、各自治体の取組事例について情報共有を図る。
ESDって何だろう? ESD環境教育プログラム