本文へジャンプ
TOP登録人材認定事業 > 環境教育指導者養成セミナー 清里インタープリターズキャンプ

環境人材育成・認定等事業データベース

環境教育指導者養成セミナー 清里インタープリターズキャンプ 公益財団法人キープ協会

事業概要

事業名称 環境教育指導者養成セミナー 清里インタープリターズキャンプ
事業内容 環境教育は、自然のすばらしさを知ると同時に、問題点にも気づき、それに対して何らかの働きかけができる人材を育てることです。清里インタープリターズキャンプでは、専門家を育てるのではなく、誰でも「働きかけ」ができるような指導者を育てるために、セミナーを実施しています。
分野 環境教育
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 山梨県北杜市高根町清里3545
財団法人キープ協会敷地内
対象者の範囲 16歳以上の方。
環境教育の指導者になりたい方、環境教育に興味のある方、及び 初心者の方
料金・手数料 42,000円(税込み)(2泊3日宿泊食費、研修費)
登録年度 平成18年
主務省 環境省、文部科学省、農林水産省、国土交通省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
・実習:インタープリテーション体験 4時間 増田 直広 (64回、65回、66回)
鳥屋尾 健 (62回、66回)
関根 健吾 (63回)
西 直人(外部)(64回)
津村 俊充(外部)(65回)
・講義:インタープリテーション概論 1時間30分
・実習:インタープリテーションアクティビティ作り&発表(相互実施)&体験のふりかえり 6時間
・自己紹介などお互いを知る時間 1時間30分
・講義:まとめの講義&質疑応答 1時間
・ディスカッション 1時間30分
・講義:セミナーのふりかえり
※64回・65回・66回の専科編は、上級者向けに上記枠組みの中でステップアッ プ要素にて実施
1時間
省令第4条第2項第一号ロ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能に関する事項 環境教育の全体像、インタープリテーション(自然解説活動)の全体像を伝える。また、素材の活かし方、プログラムの作り方などを伝える。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 実習を通して、危険な動植物の情報や回避方法を伝える。また、参加者の安全を確保するための視点や対象者理解の重要性を伝える。
省令第4条
第2項第一号
ハについて
講習等を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 未受講のスタッフは、日本赤十字社の救急法講習を受講し、必要に合わせて更新講習を受講する。事業前には入念な下見を行う。ファーストエイドキットを準備する。地域の医療機関の受入体制を確認する。

活動実績

平成28年度活動実績

実施日 実施内容
1月29日 募集および受付開始
4月29日~5月1日 第57回清里インタープリターズキャンプ(入門)実施
7月8日 募集および受付開始
10月8日~10日 第58回清里インタープリターズキャンプ(入門)実施
10月25日 募集および受付開始
1月25日~27日 第59回清里インタープリターズキャンプ(展示・教材)実施
11月8日 募集および受付開始
2月8日~10日 第60回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)実施
11月27日 募集および受付開始
2月27日~3月1日 第61回清里インタープリターズキャンプ(場のデザイン)実施

育成者数実績

平成28年度育成者数 74 名
平成27年度育成者数 86 名
平成26年度育成者数 78 名
育成者の総数 1,329 名
  • 入門編のセミナーについては、参加者の3割~半数程度が初心者(学生やこれから自然体験活動や環境教育に関わる仕事をしたいと思っている方)である。
  • 専科編(テーマ別)セミナーについては、すでに仕事として自然体験活動や環境教育に関わっている方が多い。

育成者のその後の活動状況

  • 環境教育や自然体験活動を実践している団体(自然学校、少年自然の家、ビジターセンター、水族館、動物園など)での活動
  • 自然保護や環境保全に関わる団体での活動
  • 上記団体への就職やボランティア活動への参加
  • 行政での活動
  • 地域おこし協力隊での活動
  • 青年海外協力隊への参加
  • 教育現場(幼稚園、小学校、学童保育、塾)での実践
  • 環境教育や自然体験活動を学ぶための専門学校への進学

育成者へのフォローアップ状況

  • メールマガジン(希望者のみ、月2回発行)による新たなセミナーの案内、環境教育関係の情報の発信
  • 参加セミナーの体験レポートをHPに掲載。またその旨のお知らせ。

実施主体

事業者名 公益財団法人キープ協会
団体概要 キープとは、kiyosato educational experiment project(清里教育実験計画)の頭文字です。
1938年、故ポール・ラッシュ(アメリカ人)が、山梨県八ヶ岳南麓清里の地に建てた清泉寮を母体に「食糧」「信仰」「保健」「青年への希望」の4つを理念に掲げ、実践的なモデル農村コミュニティーづくりを目指して設立しました。以来、ポール・ラッシュの信念と行動力を基盤に、時代の要望に応えるため「環境教育」「国際交流」を加え、エコロジーとヒューマニティへの奉仕を理想とするメッセージを発信し続けています。
環境教育事業部は、その精神を継承し、1984年よりキープ協会の「環境教育」の核として、また日本の環境教育の先駆者として、多くのプログラムを開発し実践しています。
ホームページ http://www.keep.or.jp/ja/foresters_school/
住所 山梨県北杜市高根町清里3545
電話 0551-48-3795
FAX 0551-48-3228
E-mail t.toyao@keep.or.jp
問合せに関する注意事項 特にありません。