本文へジャンプ
TOP環境教育 > ホールアース自然学校講座

環境人材育成・認定等事業データベース

ホールアース自然学校講座 株式会社ホールアース

事業概要

事業名称 ホールアース自然学校講座
事業内容 当校における自然体験活動及び講義・実習を通じ、直接体験による自然と人間の関わりの理解促進、持続可能なライフスタイルの提案などを実践する指導者を養成する。
分野 環境教育
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 ホールアース自然学校富士山本校
対象者の範囲 16歳以上の男女
料金・手数料 四季コース(全12回) 15万円
登録年度 平成18年
主務省 環境省、文部科学省、農林水産省、国土交通省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
「アイスブレイク・チームビルディング」:意義と役割、指導の実践 実習3 小野比呂志
「自然学校論」:自然体験活動の意義と今後の課題、自然学校が社会で果たすべき役割 講義2 小野比呂志
「リスクマネージメント」:危険予測・回避の有り方、個人・組織の安全管理体制 講義1
実習2
浅子智昭
「野外救急法」:応急処置の役割と具体的な処置方法、救助者の心得 講義1
実習2
夫津木学
「インタープリテーション論」:意義、魅力あるインタープリテーションのポイント 講義2
実習5
角田周一
「プログラムデザイン」:プログラムの組み立て、企画の立て方 講義1
実習5
寿栄松孝介
「フィールド実習」:洞窟樹海探検 講義2実習5 辻祥悟
「フィールド実習」:縦穴洞窟探検 講義2実習5 夫津木学
「フィールド実習」:マウンテンバイク 講義1実習8 夫津木学
「フィールド実習」:身近な自然観察 講義2実習5 寒河江太亮
「フィールド実習」:田植え体験 講義3実習8 平野達也
「フィールド実習」:野営技術 講義3実習8 浅子智昭
「フィールド実習」:キャンプ技術 講義3実習8 浅子智昭
「フィールド実習」:森林ガイドウォーク 実習5 山崎宏
「フィールド実習」:カヌー 実習5 角田周一
「フィールド実習」:キャンプ指導 実習30 浅子智昭
「フィールド実習」:命をいただく 実習3 浅子智昭
省令第4条第2項第一号ロ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能に関する事項 (1)インタープリテーション論
 目の前にあるものだけでなく、その裏側にある意味を伝える。
(2)プログラムデザイン
 つかみ→本体→ふりかえりの構成やデザインの実践
(3)アイスブレイク、チームビルディング
 意義と役割、指導の実践
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 (1)野外救急法
 応急処置の役割(医師や救急隊員に引き渡すまでの処置)
 救助者の心得
 具体的な症例別の処置法の実践
(2)リスクマネージメント
 危機回避、事態の悪化回避及び改善の為の対策
 指導者個人の心がまえ、組織としての安全管理体制
省令第4条
第2項第一号
ハについて
講習等を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 ・フィールド実習に際しては、危険予知・危機回避の方法について事前に参加者に周知する。
・応急用品を携行する。
・緊急時の連絡体制を整備する。
・傷害保険に加入する。

活動実績

平成29年度活動実績

実施日 実施内容
4月8-9日 アイスブレイク・チームビルディング、自然学校論
5月13-14日 田植え体験・身近な自然散策
6月10-11日 湧水トレッキング、洞窟樹海探検
7月8-9日 野外技術、キャンプ理論、野外救急法、リスクマネジメント(川実習)
8月 プログラム実習
9月16-17日 高山トレッキング
10月14-15日 水の自然体験(カヌー)
11月11-12日 野営技術プログラムデザイン・インタープリテーション論
12月9-10日 命をいただく、狩猟体験
1月6-8日 縦穴洞窟探検、安全技術講習
2月10-11日 アニマルトラッキング、スノーシュー
3月10-11日 里山体験、ふりかえり

育成者数実績

平成29年度育成者数 12名
平成28年度育成者数 7名
平成27年度育成者数 13名
育成者の総数 585 名

廃棄物処理業の事業主 教育関係(学習塾) 2名
自然体験の指導者を目指している人 2名

育成者のその後の活動状況

1名は自然体験活動の団体を受験
1名は自ら自然ガイドの団体を設立(個人事業主

育成者へのフォローアップ状況

メルマガでの講座等の連絡 など

事業に関するPR・メッセージ

体験と理論を組み合わせた実践的な講習を行っております。
講師は経験値の高い実践者が実施しています。

実施主体

事業者名 株式会社ホールアース
団体概要 縄文以来の「日本型の自然観の回復」を通して、人間本来の豊かさに立つ価値観と品格を社会に実現することを目的として、以下の分野で活動を行っている。
1. 自然体験活動
2. 人材育成
3. 調査研究
4. 地域振興
5. エコツーリズム研究
6. 企業のCSR支援
7. 国際協力
8. 災害救援
9. ネットワーク支援
ホームページ http://www.wens.gr.jp/
住所 〒419-0305 静岡県富士宮市下柚野165
電話 0544-66-0152
FAX 0544-67-0567
E-mail info@wens.gr.jp
問合せに関する注意事項 毎日8:15~19:00