本文へジャンプ
TOP環境全般 > インタープリター入門講座

環境人材育成・認定等事業データベース

インタープリター入門講座 特定非営利活動法人 国際海洋自然観察員協会

事業概要

事業名称 インタープリター入門講座
事業内容 海洋の自然体験活動を通じて、広く自然を大切にするリーダーを養成し、プロとして社会的に自立できる海洋の自然をガイドしエコツアーを行う人たちを育てる。
分野 環境全般
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 東京、大阪、福岡、名古屋
対象者の範囲 高校生以上学生・社会人
料金・手数料 受講料 学生団体:4,000円 (右記は現在の実施例です。新規に関しては個別に相談)
一般:19,000円+野外実習費(20,000円)
登録年度 平成18年
主務省 環境省、文部科学省、国土交通省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
「自然体験活動の意義」
PACIの理念とビジョン、PACI教則本「Workbook」に学ぶ。
ポイントはPACI・1 Star「身構え・気構え・心構え」を日常の生活に生かすこと。
講義1 菅原茂、前田尚、
ほか非常勤講師
「自然の理解」
基礎的な海洋学について学ぶ。「インタープリテーションをやってみる」演習。
講義1.5
実技2
菅原茂、前田尚、
三屋智子、篠原正典、
非常勤講師
「対象となる参加者を知る」
自然体験活動の参加者に応じた対応、気配り、指導者としての気構え、身構え、心構えを学ぶ。ワークショップ方式にて、グループ討議と発表。
講義1
実技1
菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
「自然と人、社会、文化のかかわり」
世界農業遺産「能登の里山里海」をフィールドにドルフィンスイム・プログラムを展開する意義、自然体験活動と地元の文化のかかわりを伝える。
講義1
実技2
菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
「安全対策について」
危険な海洋生物など、CNAC「海あそび安全講座運営マニュマニュアル」(122ページ)を主体に演習。
講義1
実技3
菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
「自然体験活動の指導法」
PACI・1 Starシュノーケリングの現場での指導マニュアルについて学ぶ。実技は「自然の理解」と同様
講義1
実技3以上
菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
「自然体験活動の基礎技術」
スキューバダイビング講習・実技を通じて、安全に海を案内する指導法を身につける。第1章から第6章までのふりかえり、そしてPDCAのサイクルを回すことを身につける。
講義1
実技2以上
菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
「プログラムの作り方」
海洋自然観察や体験活動における企画、プログラムの作り方、報告書の書き方を学ぶ。
講義1 菅原茂、前田尚
ほか非常勤講師
省令第4条第三号ニ関係
環境の保全に関する指導に必要な知識又は技能に関する事項 「対象となる参加者を知る」 「プログラムの作り方」において、ワークショップとは何か、プログラムづくりとは何かについて学んでいただき、また地域の人々との交流をはかる。実施可能なプログラムを取りまとめ発表することにより、自然体験活動の参加者に応じた対応のあり方を知り、参加者に配慮すべき事柄について理解し、体験活動を提供する指導者としての心構えを認識していただく。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 「安全対策について」において、安全対策について知り、(1)スキューバダイビング講習・実技を通じて、安全に海を案内する指導法を身につける。(2)危険な海洋生物など、CNAC「海あそび安全講座運営マニュアル」(122ページ)を主体に演習。
省省令第4条
第二号について
講習等を受けようとする者の安全を確保するための措置 PACI安全対策マニュアルに沿って講習を実施。(1)安全対策の理念と基本。(2)安全対策の実践。(3)リスクマネージメントについて等を学ぶ。基本はA>スキューバダイビング講習・実技を通じて、安全に海を案内する指導法を身につける。B>危険な海洋生物など、CNAC「海あそび安全講座運営マニュアル」(122ページ)を主体に演習。

活動実績

平成29年度活動実績

実施日 実施内容
6月24日~6月25日 大阪府大阪市にて講座実施
5月22日~8月28日 福岡県福岡市にて講座実施
6月3日~7月4日 愛知県名古屋市にて講座実施
4月14日~9月15日 東京都江戸川区にて講座実施

育成者数実績

平成29年度育成者数 238 名
平成28年度育成者数 274 名
平成27年度育成者数 280 名
育成者の総数 5,859 名

活動開始当時は小笠原や西表島のプロのガイドも受講生として参加した。一般のOL、サラリーマン、大学生など1回に10数名にて開催した。ただし、ここ数年は専門学校学生が主体。

育成者のその後の活動状況

ホエールウォッチング、ドルフィンスイム・インタープリター(知床、銚子、三宅島、利島、御蔵島、小笠原、能登島、沖縄本島、座間味など)、ダイビングインストラクター(石垣島、奄美、沖縄本島、座間味、伊豆など)、全国約120の水族館などにて、数百名が現在活躍中。

育成者へのフォローアップ状況

ホエールウォッチング、自然学校などのボランティア、求人情報の提供。安全講座の情報提供。そして、安全講座に参加した者たちに、後輩学生の学んだことを伝授する機会の提供。それぞれ年に1,2度。

実施主体

事業者名 特定非営利活動法人 国際海洋自然観察員協会
団体概要 イルカ、クジラとの出合いから得られる感動を一人でも多くの人に伝えたい、野生のイルカ、クジラとのふれあいを通して、人と海とのよりよい関係づくりを目指し、地球環境の保全を図る運動を広く社会に普及したい、そんな想いが特定非営利活動法人 国際海洋自然観察員協会{NPO 法人 PACI(Professional Association of Cetacean & Ocean Life Interpreters)}を設立させました。
PACI は、海洋の自然をガイドしエコツアーを行う人たちを育て、プロとして社会的に自立できるシステムを構築します。21 世紀を担う若きインタープリターに国際的なネットを提供し、国や地域を超えて活動できる環境づくりと、海洋自然の保全活動を通して地球の環境保全を目指します。
PACI の活動目的は次の3点です
1. 海洋自然のメッセージを伝えるインタープリターの育成
2. インタープリターがプロとして社会的に自立し、活躍できる基盤環境の整備
3. 世界のインタープリターのネットを構築し、海洋自然の保全活動を通して地球の環境保全に貢献する
ホームページ http://npo-paci.com
住所 東京都中央区銀座5-9-13 銀座菊正ビル8F
電話 03-5537-0041
E-mail shigej0041@gmail.com
問合せに関する注意事項 郵便、FAX又はe-mailにてお問い合わせ下さい。