本文へジャンプ
TOPその他 > 川に学ぶ体験活動指導者の育成に関する事業

環境人材育成・認定等事業データベース

川に学ぶ体験活動指導者の育成に関する事業 特定非営利活動法人 川に学ぶ体験活動協議会(RAC)

事業概要

事業名称 川に学ぶ体験活動指導者の育成に関する事業
事業内容 NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(以下「RAC」という。)は、川に親しみ川に学ぶ体験活動を普及するため、安全かつ楽しく水辺に誘う ことの出来る人材を、当法人が定める所定のカリキュラムに沿って養成し、「RAC指導者」として登録する事業を行うものである。
分野 その他(五感を通じての水辺体験学習)
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 全国各地域
対象者の範囲 初級(リーダ)16歳以上
中級1(インストラクター1種)20歳以上 且つ初級指導者として1年以上活動
料金・手数料 登録手数料3,000円(別途講座開催団体への受講料あり)
登録年度 平成20年
主務省 国土交通省、環境省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
「川に学ぶ体験活動の理念」
RACの意義を理解し広く一般に伝えることができる。
RAC指導者認定制度を知り、参加する方法を理解する。
講義1h 斉藤 隆
「川という自然の理解」
川という自然の体系的な仕組みや生態系について基礎的な概要を知る。
講義1h
実技2h
森 美文
「川と人、社会、文化の関わり」
川と人の暮らしの関わりについて基礎的な事柄を理解する。
人の生き方、暮らし方と川との関連について知る。
川と関連して生まれた技能・芸能・伝統文化について初歩的な知識を得る。
(省令第4条第三号二関係)
―指導上のねらい―より
(1)川と調和した暮らしを築くために、川の自然の仕組みに配慮したライフスタイルについて考えてもらう。
(2)人の社会、文化が川という自然と深く関わりながら成り立っていることを認識する。
(3)川と関連して生まれた技術や芸能、伝統文化などの体験を通じ、その背景となっている川という自然のあり方に気づく。
講義1h
実技2h
森 美文
「安全対策について」
RACでの安全対策、安全管理について知る。
基本的な救急処置法を実習、経験する。
指導者の責任、その範囲について知る。
講義1h
実技3h
北川健司
「川に学ぶ体験活動の基礎技術」
川に学ぶ体験活動における基礎的な技能の必要性を知り、これらを修得する。
自然環境への配慮・他利用者への配慮・川でのマナーの必要性を知る。
講義1h
実技2h
田中清也
「対象となる参加者のことを知る」
参加者の状況を指導計画に活かす意味を理解する。
指導者として参加者に配慮すべき事柄を理解する。
川に学ぶ体験活動を提供する指導者としての心構えを認識する。
講義1h
実技1h
田中謙次
「川に学ぶ体験活動の指導法」
RACの基本的な指導法とより効果的な指導法について知る。
講義1h
実技3h
斉藤 隆
「プログラム作りの基礎知識」
川に学ぶ体験活動に適したプログラム作りの基礎知識を知る
講義1h 森 美文
省令第4条第2項第一号ロ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能に関する事項 当法人は平成10年の河川審議会・川に学ぶ小委員会の提言「川に学ぶ社会を目指して」を具現さするために、先ずは川の指導者が重要だという認識から、指導者を養成するために官民連携して設立された組織です。その指導者養成カリキュラムでは、川から森や海を含めた流域という視点を取り入れて、講師はその分野で10年以上の経験を有する専門家が指導することになっています。特に川の環境を保全するためには様々な知識、技術を備えた指導者を養成する必要があるという観点から、川の体験活動指導者の初級カリキュラムでは、生態系に関する知識や、川と人との繋がりや、文化的な側面について知るだけなく、それらを効果的に指導する方法やプログラムづくりについても学ぶことになっています。
具体的には下記のような流れで指導を行っています。
・川での環境の保全は先ず五感を通じて感じる体験を行う。
・体験を通じて感じたことを「ふりかえり」を通じて評価を行う。
・そして自らの生活等との関わりについて考えるよう促す。
・指導者の重要な役割は参加者の「気づき」を引出すことと伝えること。
・ 指導者としてプログラムの企画立案手法について学び実際にプログラムを構築する。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 安全に関する指導は初級カリキュラム「安全対策について」の科目において重点的に実施しています。
その具体的な内容等は下記の通りです。

○目標
・川に学ぶ体験活動での安全対策、安全管理について知る。
・救急処置法の基本的な方法を実習、経験する。
・指導者の責任について、またその範囲について知る。

○指導上のねらい
・川に学ぶ体験活動では、常に危険を伴う要素があることを認識してもらう。
・安全対策、安全管理のための基本的な考え方と技術を理解してもらう。
・危険予知の必要性を認識してもらう。救急法の初歩的な経験をする、さらに活用するためには継続した教育が必要であることを伝える。

上記の目標やねらいを中心に、プログラムづくりで必要な要素(下見、保険、事前準備)を講習内容全体で取り上げる。講師にはRAC・CONE(NPO法人自然体験活動推進協議会)トレーナー、RAJ(日本リバーガイド協会)、RESUE3(急流水難救助対応プログラム認定団体)認定ライセンス保持者、JSCA(日本セーフティカヌーイング協会)インストラクターなど、十分に経験をつんでいるものが担当する。
省令第4条
第2項第一号
ハについて
講習等を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 講習全体のリスクマネージメントについては、RACトレーナーの指導の下、消防・警察・病院への緊急連絡網の完備、ファーストエイドの準備、心肺蘇生法の習得、その他、下見や機材、危険生物についての勉強等を行っている。またRACの講習会は保険に加入していることに加え、それぞれの講座開催時に傷害保険、賠償責任保険等にも加入している。

活動実績

平成29年度活動実績

実施日 実施内容
【アシスタントリーダー講座】
平成29年5月11日(日) 開催場所:かすみがうら
団体名:NPO法人川に学ぶ体験活動協議会
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年7月1日、2日 開催場所:公益財団法人旭川市公園緑地協会
団体名:NPO法人どんころ野外学校
問合せ先:旭川市花咲3丁目花咲スポーツ公園内
TEL:0166-52-1934
担当者:新野和也
平成29年6月24日 開催場所:延岡市北川支所
団体名:NPO法人五ヶ瀬川流域ネットワーク
問合せ先:宮崎県延岡市牧町河口付近埋立地内資料館「リバーパル五ヶ瀬川」
TEL:0982-42-3005
担当者:新野和也
平成29年7月26日 開催場所:道の駅 常陸大宮 かわプラザ
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年7月15日~16日 開催場所:高知県 東洋町町役場
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年7月31日 開催場所:熊本県球磨川河川緑地
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年7月1日~2日 開催場所:北海道旭川総合防災センター
団体名:NPO法人どんころ野外学校
問合せ先:〒078-8367北海道旭川市東光27条8丁目
TEL:0166-33-0119
担当者:野々山裕子
平成29年7月6日 開催場所:美幌博物館
団体名:NPO法人どんころ野外学校
問合せ先:〒079-2551北海道空知郡南富良野町落合1074
TEL:0167-53-2171
担当者:新野 和也
平成29年8月8日 開催場所:エールセンター十勝
団体名:NPO法人帯広NPO28サポートセンター
問合せ先:〒080-0011北海道帯広市西1条南28丁目4番地
TEL:0167-53-2171
担当者:千葉 利光
平成29年8月16日 開催場所:エールセンター十勝
団体名:NPO法人帯広NPO28サポートセンター
問合せ先:〒080-0011北海道帯広市西1条南28丁目4番地
TEL:0167-53-2171
担当者:千葉 利光
平成29年9月10日 開催場所:高知県立高知県青少年の家
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年11月10日 開催場所:鹿児島県 鹿屋市 コミュスポ
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
【学校リーダー講座】
平成29年6月13日 開催場所:熊本県八代市八千把小学校
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
【リーダー講座】
平成29年4月18日~7月19日 開催場所:栃木県立馬頭高等学校
団体名:栃木県立馬頭高校
問合せ先:〒324-0613栃木県那須郡馬頭町馬頭1299-2
TEL:0287-92-2009
担当者:佐々木愼一
平成29年5月6日~7日、6月25日 開催場所:北九州市立かぐめよし少年自然の家、玄海青年の家
団体名:玄海グリーン&アドベンチャー共同企業体
問合せ先:〒808-0121福岡県北九州市若松区大字竹並126-2
TEL:093-741-2801
担当者:砂田 絵里
平成29年6月16日~25日 開催場所:日本橋消防署、河川財団会議室、「長瀞荘」会議室
団体名:公益財団法人 河川財団
問合せ先:〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町11-9
TEL:03-5847-8307
担当者:吉野 英夫
平成29年6月23、24、25日 開催場所:雨煙別小学校コカコーラ環境ハウス
団体名:一般社団法人 流域生態研究所
問合せ先:〒065-0019北海道札幌市東区北19条東7丁目2-22
TEL:011-753-8133
担当者:坂本貴昭
平成29年6月10日・11日 開催場所:滝川地区地域防災施設
団体名:NPO法人まち・川づくりサポートセンター
問合せ先:〒073-8686北海道滝川市大町1丁目2番15号 滝川市役所 防災危機対策室
TEL:0125-28-8003
担当者:湯浅芳和
平成29年6月5日~7日 開催場所:定山渓自然の村
団体名:NPO法人どんころ野外学校
問合せ先:〒061-2301北海道札幌市南区定山渓
TEL:011-598-3100
担当者:山田憲克
平成29年6月3日・4日・24日、7月8日、15日 開催場所:淀川管内河川レンジャー 中央流域センター
団体名:公益財団法人 河川財団
問合せ先:〒540-6591大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル13F
TEL:06-6942-2310
担当者:井上 勇樹
平成29年7月1日~7月2日 開催場所:小貝川生き生きクラブ
団体名:RACファンクラブ
問合せ先:〒114-0014東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104
TEL:03-5832-9841
担当者:齊藤 隆
平成29年7月2日~8日、9日 開催場所:岐阜聖徳学園大学 羽島キャンパス
団体名:NPO法人長良川環境レンジャー協会
問合せ先:〒502-0071岐阜県岐阜市長良堤無番地
TEL:058-294-3971
担当者:名和 あけみ
平成29年年7月1日~2日、2月5日、2月19日 開催場所:旭川市総合防災センター
団体名:NPO法人どんころ野外学校
問合せ先:〒070-0901北海道旭川市花咲3丁目花咲スポーツ公園内
TEL:0166-52-1934
担当者:野々山裕子
平成29年8月29日~31日 開催場所:和光大学
団体名:NPO法人鶴見川流域ネットワーキング
問合せ先:〒223-0053神奈川県横浜市港北区綱島西2-19-1レーベンス綱島西2-A棟
TEL:045-546-4337
担当者:中原 優人
平成29年9月16日~9月18日 開催場所:小川原湖青年の家、根井団体活動センター
団体名:小川原湖自然楽校
問合せ先:〒033-0167青森県三沢市根井1-94-1
TEL:0176-50-8611
担当者:相馬 孝
平成29年9月16日~17日 開催場所:芦生自然学校キャンプ場
団体名:NPO法人芦生自然学校
問合せ先:〒601-0713京都府南丹市美山町中下前下モ2番地3
TEL:090-9714-5692
担当者:岡 佑平

育成者数実績

平成29年度育成者数 206 名
平成28年度育成者数 206 名
平成27年度育成者数 225 名
育成者の総数 4,988 名

育成者のその後の活動状況

育成された指導者については、その後、地域で水辺の活動時のボランティアや講師として活動を行っている。また、後進の育成も担っている。

育成者へのフォローアップ状況

指導者のスキルアップやフォローアップのフォーラムを開催、また、研修会なども開催している。

事業に関するPR・メッセージ

指導者に登録していただいた方には年に数回のメルマガを送り、情報を提供している。指導者のスキルアップなどを目的に一年に一回フォーラムの開催を行っている。

実施主体

事業者名 特定非営利活動法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)
団体概要 平成 12 年9月、全国各地の川で活動する NPO 法人や市民団体等 11 団体により設立。
川で活動することを通して人間性の回復や水環境の保全についての認識を広げることを目的として活動。川での体験活動を支援・推進するためのあらゆる活動を、時代に合わせて総合的に展開。安全に楽しく体験活動を引率する指導者養成講座や子ども向けの水辺安全講座などの教育活動に力を入れている。平成17年11月30日特定非営利活動法人としての認証通知を内閣府より受理し、今後はNPO法人としてさらに活動を充実させる予定。
ホームページ http://www.rac.gr.jp/
住所 東京都北区田端1-11-1勘五郎ビル104号
電話 03-5832-9841
FAX 03-6893-2642
E-mail rac@rac.gr.jp
問合せに関する注意事項 RAC事務局の連絡可能な時間帯
平日 9:30~18:00