本文へジャンプ
TOPその他 > 環境技術指導者養成講座

環境人材育成・認定等事業データベース

環境技術指導者養成講座 特定非営利活動法人 環境技術支援センター

事業概要

事業名称 環境技術指導者養成講座
事業内容 1. 本事業は、環境保全技術について、室内での講義と野外エクスカーション及び講座修了後のレポート作成によって理論的、実践的な指導者の育成を行なう。
2. 講座内容は、環境一般および専門分野((1)自然環境保全、(2)環境測定、(3)環境保全計画、(4)環境影響評価)より構成する。
分野 その他(環境技術の背景を学ぶ・地球賢人)
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 日本全国
対象者の範囲 環境技術の指導者を目指す大学生から社会人(市民、NPO、企業人、シニア等)まで幅広い層を、人材育成の対象とする
料金・手数料 年間25,000円(会員)、30,000円(非会員)
登録年度 平成21年
主務省 環境省、農林水産省、国土交通省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
「持続可能な環境をトータルに考える」
蹴上発電所など古い施設と環境について 2 根来 健(龍谷大学)
地域と川の関わりについて 2 森下郁子・林
国際河川の現状から課題について 2 森下郁子(淡水生物研究所)
湖の淡水生物と環境の関わりについて 2 根来 健(龍谷大学)
省令第4条第2項第一号ロ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能に関する事項 「持続可能な環境をトータルに考える」では地域と川、海、湖及び河川との関わりについて生物を通じて観察して、幅広い環境の変化と適応・共生を学ぶことを教える。また、人工施設の時間軸を通じて環境への影響尺度を認識・取得することを教える。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 野外における危険な生物に関する知識を教える。「実習」において応急処置の仕方を教える。
博物館など館内では展示物に触れないなど注意し、講師に積極的に質問することを促す。
海外の環境情報に関して、自ら判断していく力を学ばせる。
省令第4条
第2項第一号
ハについて
講習等を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 関係機関(総合病院、消防署)への連絡体制を整備する。
実習前に、フィールドの危険地帯について説明をする。
予期せぬアクシデントが起こったときの対応を備える。

活動実績

平成29年度活動実績

実施日 実施内容
7月25日 実施内容検討委員会
10月7日 実習:琵琶湖のプランクトンの固定・分析・評価をする
(淡水生物研究所)
10月14日 エクスカーション:大阪市立自然史博物館
(瀬戸内海の生物と歴史との関連)
11月25日 エクスカーション+座学:大阪市立大学理学部附属植物園
(植物の共生)
3月2日 エクスカーション:京都市上下水道局水道部松ヶ崎浄水場
(陸水巡検・近畿圏)

育成者数実績

平成29年度育成者数 4名
平成28年度育成者数 5名
平成27年度育成者数 8名
育成者の総数 54名

育成者へのフォローアップ状況

認定者は環境技術支援センターのスタッフと一緒に企画立案等に参加する。年に3回程度。

実施主体

事業者名 特定非営利活動法人 環境技術支援センター
団体概要 本法人は、持続する地球環境への貢献をテーマとし、社会との連携をはかって、多様な環境技術の向上と普及を推進する。同時にこのテーマに向かって専門家と市民とが協働することが可能な社会的土壌の育成に寄与することを目的とする。
ホームページ http://www.scet.info/
住所 大阪市淀川区宮原2丁目11番22号 プレシオ新大阪401号
電話 072-762-6600
FAX 072-762-6600
E-mail auatr921@wombat.zaq.ne.jp
問合せに関する注意事項 お問合わせ時間:平日9:30~17:00 土・日・祝日・年末年始は休み