本文へジャンプ
TOP登録人材認定事業 > 植生管理士認定試験

環境人材育成・認定等事業データベース

植生管理士認定試験 一般社団法人日本植木協会

事業概要

事業名称 植生管理士認定試験
事業内容 植生、植生景観、植生復元とモニタリングに関する知識、自然環境の保全と復元に関する技術等に関して一定の基準に有るかを問う。
分野 森林の保全・緑化
事業種別 認定事業
事業の行われる場所 屋内(試験会場)
屋外(公園)
対象者の範囲 理学、林学、農学、園芸学等、植物に関する大学に在籍ないし卒業した者、または、同様の実務を3年以上経験し、同等の技術と知識を有する者。
料金・手数料 10,000円
登録年度 平成25年度
主務省 農林水産省、環境省

事業内容

審査について 審査方法 審査基準
書類審査 学歴や経験年数など受験資格をみたしていること。

(1)植生に関する知識が十分であること。70点以上
(2)植生景観に関する知識が十分であること。70点以上
(3)植生の復元と管理に関する知識が十分であること。70点以上
(4)安全管理に関する知識・技術が70点以上。
植生アドバイザー育成講座を終了していないものの受験者は野外で2時間、植物と植生の観察を行う。審査基準は代表的な森林植生、低木林植生、草原植生からそれぞれ10種類の植物標本を30種、任意に抽出し20種以上、同定できる能力を試す。また、代償植生と潜在自然植生の関係を現地の植生から判断して群集単位に基づいて正確に説明できる能力を試す。
筆記審査
技術審査
省令第4条第2項第二号ハ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能の水準に関する基準 筆記試験において、植生に関する知識、植生景観の知識、植生の復元と管理に関する知識が70点以上であること。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能の水準に関する基準 筆記試験において、安全管理に関する知識が70点であること。
省令第4条
第2項第二号
ニについて
審査を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 蛇、ハチ等の有害動物に接した際の行動基準の徹底と、応急処置の体得及び薬品の準備

活動実績

平成28年度活動実績

実施日 実施内容
3月22日 植生調査委員会、協議会、フォローアップセミナー開催内容検討
7月22日~7月24日 岡山県に於いて植生管理士フォローアップセミナー開催
9月1日~11月1日 受付開始
10月28日 植生調査委員会、協議会開催(管理士試験、次年度アドバイザー・セミナー開催内容の検討)
11月12日 事前講習会
11月13日 筆記試験
12月1日 合格発表
12月20日 認定書送付

認定者数実績

平成28年度認定者数 6 名
平成27年度認定者数 3 名
平成26年度認定者数 8 名
認定者の総数 50 名

造園設計事務所、造園施工会社で年齢は30代から60代の植生実務を経験している方が合格をしている。

認定者のその後の活動状況

  1. 山形県発注の植生調査に元請から植生管理士に調査協力要請が有り、管理士の数名が協力をした報告を受けた。
  2. 国土交通省静岡県河川事務所へ植生調査有り方の講習会を行う。
  3. 東北復興での植生調査と復元の試験植栽樹木の納品を行った報告。

認定者へのフォローアップ状況

年1回程度開催されるフォローアップ研修を平成28年7月22日~24日に岡山県にて2泊3日で、24名が参加して開催された。
東京農業大学教授中村幸人氏と植生管理士の國忠征美氏の指導のもと、中国地方内陸部の山間地植生を中心に植生調査と、植栽工による植生復元の現場を視察した。

実施主体

事業者名 一般社団法人日本植木協会
団体概要 昭和46年1月に設立され、緑化用樹及び鑑賞用樹の生産及び流通に携わる会員により構成され、緑化用・鑑賞用樹全般にわたる生産技術の向上、品種の改良及び流通の円滑化並びに緑化推進活動等の啓発を図り、環境の保全と国土緑化の推進並びに国民の生活環境の向上により、みどり豊かな環境の創造に寄与することを目的とする。
ホームページ http://www.ueki.or.jp/
住所 東京都港区赤坂6-4-22 三沖ビル3階
電話 03-3586-7361
FAX 03-3586-7577
E-mail honbu@ueki.or.jp
問合せに関する注意事項 平日 9時~17時 土日祝日休み