本文へジャンプ
TOP環境教育 > 愛玩動物飼養管理士養成・認定事業

環境人材育成・認定等事業データベース

愛玩動物飼養管理士養成・認定事業公益社団法人日本愛玩動物協会

事業概要

事業名称 愛玩動物飼養管理士養成・認定事業
事業内容 動物の愛護及び適正な飼養管理に関する知識・技術の普及啓発を行う指導者の養成
分野 環境教育
事業種別 認定事業
事業の行われる場所 屋内:33~35都道府県の県庁所在地の会議場施設
対象者の範囲 満15歳以上の者について、幅広く対象としている。
料金・手数料 受講受験料(教本、課題報告問題、スクーリング、認定試験)
一級:32,000円、二級:30,000円
認定登録料(名簿登録、認定証書・バッジ、飼養実例集(副読本))
一級:20,000円、二級:5,000円
登録年度 R1年度
主務省 環境省

事業内容

審査について 審査方法 審査基準
【書類審査】
1 年齢
所定の年齢以上であることを義務付け。
満15歳以上であること
【実地審査】
1 スクーリング受講
全国各地で開催される1級5科目、2級6科目の講義の受講を義務付け。
次のスクーリングを受講していること
<一級管理士 320分>
  • イ 動物関係法令 60分
  • ロ 動物の行動と社会 60分
  • ハ 犬と猫の栄養学 60分
  • ニ 動物の疾病とその予防 80分
  • ホ 動物の飼養管理と公衆衛生 60分
<二級管理士 310分>
  • イ 愛玩動物飼養管理士の社会活動 20分
  • ロ 動物愛護論I・人と動物の関係学 50分
  • ハ 動物関係法令概説 80分
  • ニ 動物の飼養管理(総論、犬と猫の飼養管理) 60分
  • ホ 動物の飼養管理(その他哺乳類・鳥類・爬虫類の飼養管理) 50分
  • ヘ 動物のしつけ 50分
【書類審査】
1 課題報告問題
課題報告問題に対する解答の提出を義務付け。
次の課題報告問題の全問について適確に解答していること
一級:136問
二級:127問
2 認定試験
全国各地の会場で年2回実施する統一試験の受験を義務付け。
次の科目に関する全国統一試験を受験し、学識経験者等から構成される認定委員会において決定された合格点に達していること。ここ数年間の正解率(平均値)は約6割。
<一級管理士> 65問 5肢選択式
  • イ 動物愛護論Ⅱ
  • ロ 動物関係法令
  • ハ 動物の行動と社会
  • ニ 犬と猫の栄養学
  • ホ 動物の遺伝と繁殖生理
  • ヘ 動物の疾病とその予防
  • ト 動物の飼養管理と公衆衛生
  • チ 自然と人間
<二級管理士> 60問 5肢選択式
  • イ 愛玩動物飼養管理士の社会活動
  • ロ 動物愛護論Ⅰ
  • ハ 人と動物の関係学
  • ニ 動物関係法令概説
  • ホ 動物のからだの仕組みと働き
  • ヘ 動物の飼養管理
  • ト 動物のしつけ
3 認定登録
申請に基づき、名簿に登録(永久保存)。
前述の試験に合格するとともに、スクーリングの受講及び課題報告問題の解答の提出を了していること
省令第4条第2項第二号ハ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能の水準に関する基準 次の科目に関する全国統一試験を受験するとともに、学識経験者等から構成される認定委員会において決定された合格点に達していること。ここ数年間の正解率(平均値)は約6割。

<一級管理士> 65問 5肢択一式
  • イ 動物愛護論Ⅱ
  • ロ 動物関係法令
  • ハ 動物の行動と社会
  • ニ 犬と猫の栄養学
  • ホ 動物の遺伝と繁殖生理
  • ヘ 動物の疾病とその予防
  • ト 動物の飼養管理と公衆衛生
  • チ 自然と人間
<二級管理士> 60問 5肢択一式
  • イ 愛玩動物飼養管理士の社会活動
  • ロ 動物愛護論Ⅰ
  • ハ 人と動物の関係学
  • ニ 動物関係法令概説
  • ホ 動物のからだの仕組みと働き
  • ヘ 動物の飼養管理
  • ト 動物のしつけ
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能の水準に関する基準 適正な飼養管理の普及啓発活動の安全な実施に必要となる知識・技能を、教本(一級:動物愛護論Ⅱ、動物の疾病とその予防、動物の飼養管理と公衆衛生の章二級:愛玩動物飼養管理士の社会活動、動物愛護論Ⅰ、動物のしつけの章、)において解説するとともに、課題報告問題及び認定試験において、当該知識・技能を有していること。
省令第4条
第2項第二号
ニについて
審査を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 スクーリングや認定試験の運営マニュアルを整備し、スタッフに対し、安全確保や救急対応の指導を行っている。また、災害時の避難経路や避難の方法について、会場側との打ち合わせや会場の下見などを事前に行う。

年間計画

実施日 実施内容
※毎年度、同じ計画で実施。
<認定委員会による教材の点検・見直し>
学識経験者等からなる認定委員会を年数回開催し、教本・課題報告問題・認定試験問題等については、毎年、3月~12月の間に点検や見直しを実施。
<11月試験>
1月~4月
受講受験の受け付け(募集)
2月~5月
2回に分けて学習教材を発送
1回目:教本2冊
2回目:スクーリングの案内、スクーリング用資料、課題報告問題
6月~8月 スクーリングの開催(下記に示した33都道府県の県庁所在地で実施)
8月 課題報告問題の解答締め切り
9月 認定試験(11月)の案内、課題報告問題の添削結果の送付
11月第4日曜日 認定試験(下記に示した33都道府県の県庁所在地で実施)
12月 合否通知(認定委員会の開催による合格ライン決定後)
12月~ 認定登録の受け付け
<2月試験>
6月~8月
受講受験の受け付け(募集)
8月~10月
2回に分けて学習教材を発送
1回目:教本2冊
2回目:スクーリングの案内、スクーリング用資料、課題報告問題
9月 スクーリングの開催(東京都・愛知県・大阪府・福岡県の県庁所在地で実施)
11月 課題報告問題の解答締め切り
12月 認定試験(2月)の案内、課題報告問題の添削結果の送付
2月第4日曜日 認定試験:(東京都・愛知県・大阪府・福岡県の県庁所在地で実施)
3月 合否通知(認定委員会の開催による合格ライン決定後)
3月~ 認定登録の受け付け
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

活動実績

平成30年度活動実績

実施日 実施内容
7月2日、10月4日、11月9日及び2月28日 <認定委員会による教材の点検・見直し>
学識経験者等からなる認定委員会を4回開催し、教本・課題報告問題・認定試験問題等について、点検や見直しを実施した。
<11月試験>
2月1日~4月15日
受講受験の受け付け(募集)
2月~5月の毎週火曜日と木曜日
2回に分けて学習教材を発送(申込受付順)
1回目:教本2冊
2回目:スクーリングの案内、スクーリング用資料、課題報告問題
6月~8月の土日を中心に開催
スクーリングの開催(下記に示した33都道府県の県庁所在地で実施)
8月2日 課題報告問題の解答締め切り
9月14日
認定試験(11月24日)の案内、課題報告問題の添削結果の送付
11月24日
認定試験(別紙3に示した33都道府県の県庁所在地で実施)
12月7日
合否通知(認定委員会の開催による合格ライン決定後)
12月8日~
認定登録の受け付け
<2月試験>
6月1日~8月15日 受講受験の受け付け(募集)
8月~10月の毎週火曜日と木曜日 2回に分けて学習教材を発送
1回目:教本2冊
2回目:スクーリングの案内、スクーリング用資料、課題報告問題
9月8日、9日、29日、30日 スクーリングの開催(東京都・愛知県・大阪府・福岡県の県庁所在地で実施)
11月8日 課題報告問題の解答締め切り
12月20日 認定試験(2月23日)の案内、課題報告問題の添削結果の送付
2月23日 認定試験(東京都・愛知県・大阪府・福岡県の県庁所在地で実施)
3月6日 合否通知(認定委員会の開催による合格ライン決定後)
3月7日~ 認定登録の受け付け
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

認定者実績

平成30年度認定者数 一級:1,168人
二級:6,205人
平成29年度認定者数 一級:1,116人
二級:6,504人
平成28年度認定者数 一級:1,167人
二級:6,683人

実施主体

事業者名 公益社団法人日本愛玩動物協会
団体概要 『動物の愛護及び管理に関する法律』が昭和49年に施行されました。本協会は、この法律の趣旨に基づき、動物の適正飼養管理の知識及び愛護精神を普及することにより、広く国民の間に生命の尊重、友愛及び平和の情操の涵養を図り、もって社会文化の発展に寄与することを目的として、昭和54年5月21日に設立されました。
ホームページ https://www.jpc.or.jp/kanrishi/
住所 東京都新宿区信濃町8番地1
電話 03-5357-7725
FAX 03-3355-7883
E-mail jjc@jpc.or.jp
問合せに関する注意事項 祝祭日を除く平日 9時30分-17時00分