本文へジャンプ
TOP環境教育 > 「PLT:Project Learning Tree ~木と学ぼう~」ファシリテーター養成講座

環境人材育成・認定等事業データベース

「PLT:Project Learning Tree ~木と学ぼう~」ファシリテーター養成講座 特定非営利活動法人 国際理解教育センター(PLT日本事務局)

事業概要

事業名称 「PLT:Project Learning Tree ~木と学ぼう~」ファシリテーター養成講座
事業内容 アメリカの環境教育プログラムであるPLTの日本事務局として、PLTプログラムに則った研修主催を通し、PLTの普及と環境教育指導者の育成に努めている。当団体の主催講座では、毎年2日間で12時間の研修を行っており、一日目はPLTのアクティビティ体験、2日目はPLTアクティビティを用いたプログラム作りの体験で構成される。以上を通し、参加者がファシリテーターとして、環境教育のプログラムを作成し、実施するために必要なスキルの育成を目指している。
分野 環境教育
事業種別 育成事業
事業の行われる場所 東京近郊、その他の地域については応相談
対象者の範囲 教員、教員を志望する者、社会教育関係者、行政関係者、NPO関係者など環境教育の指導に携わる者
料金・手数料 研修費 20,000円(2日間、12時間コースの場合)
テキスト代 5,000円
登録年度 平成17年
主務省 環境省、文部科学省、農林水産省

事業内容

講習等について 講習等の内容 時間数 講師名
(1)PLT講習会(指導者養成) 標準的な講習会の場合、1回6時間 (1)~(3)とも角田尚子ほか、協力ファシリテーター
(2)フォローアップ講習会(指導者向け講習会) プログラムによるが、一般的に1回2~3時間
(3)その他 プログラムによるが、一般的には1~2時間
省令第4条第2項第一号ロ関係
環境の保全に関する指導又は協働取組の促進に必要な知識又は技能に関する事項 (1)参加型手法の導入を重視する
(2)経験学習の4段階(体験する、ふりかえる、一般化する、応用する)をふまえる
(1)については、講座全体を通して参加型学習を用い、参加者の知識、スキル、態度を養う。(2)については、アクティビティのファシリテーションの実施やプログラムづくりを行う際に活用する。
環境の保全に関する指導の安全な実施に必要な知識又は技能に関する事項 ・開催場所の安全に関する情報を収集し、開催場所の運営主体と安全確保に関するコミュニケーションを図る
・フィールドワークを行う上での危険予測方法、危険回避方法に関するルールづくりのアクティビティ、オリエンテーション時の情報提供、危険予知トレーニングなど指導の安全に必要な知識、技能習得に関する活動を行う
省令第4条
第2項第一号
ハについて
講習等を受けようとする者の安全の確保を図るための措置 講習会開催場所の安全確認を万全に行うとともに、講習会開始後はオリエンテーションで注意事項として、フィールドワークを行ううえでの危険予測方法、危険回避方法に関するルールづくり、または関連情報の提供を行う

活動実績

平成29年度活動実績

実施日 実施内容
(1)PLT講習会(指導者養成)
2017年4月16日 PLTファシリテーター養成研修
2017年5月10日 プロジェクトラーニングツリー指導者養成講習会
2017年6月4日 プロジェクトラーニングツリーファシリテーター講習会
2017年7月9日 PLTファシリテーター6時間ワークショップ(JUON NETWORK エコサーバー・リーダー養成)
2017年7月29-30日 ESDファシリテーター研修環境/PLT
2017年4~9月 総合教育セミナ―Ⅰ「環境問題のファシリテーションを学ぶ」(慶應義塾大学)
2017年9月11-12日 FS実習PLTファシリテーターワークショップ
2017年9月30日-10月1日 PLTファシリテーター養成講座
2017年10月7日 PLT6時間ファシリテーター講習
2017年11月3日 体験活動・教育アカデミー PLTファシリテーター養成講座
2017年11月9日・11月16日 自然体験プログラム実習
2017年11月23日 PLT指導者養成セミナー
2017年9月-2018年1月 環境教育論(和光大学)
2018年1月13-14日 PLT環境学習指導者トレーニング
2018年1月19日 基盤教育授業「人と自然をつなぐ・人と人をつなぐB」
2018年2月28日 プロジェクト・ラーニング・ツリー(’PLT)6時間コース
2018年3月4日 プロジェクトラーニングツリー ファシリテーター養成講習会
2018年3月24日 PLTファシリテーター養成講習会
(2)フォローアップ講習会
  本年度の開催はなし
(3)その他
  本年度の開催はなし。ただし(1)で『PLT 幼児期からの環境体験』の紹介、アクティビティ実施をしているケースが1件あった。

育成者数実績

平成29年度育成者数 139名
平成28年度育成者数 127名
平成27年度育成者数 132名
育成者の総数 3,004名

大学の授業で実施するケース、自治体広報によって参加者を募集するケース、ファシリテーターが自らのSNSで告知するケースなどさまざまである。平成29年度は高校生対象の講習会があったが、これは地元のNPO関係者が当該高校の非常勤講師をつとめていることによる。

育成者のその後の活動状況

指導者養成講習会開催以外に事務局には情報が届いていないので詳細は不明。ただし、小学校での出前講座や自治体の環境教育施設などでのアクティビティ実施を行っているファシリテーターが複数いる。また、12時間指導者研修受講経験者の中には6時間の指導者養成研修を行っている者が複数いる。

育成者へのフォローアップ状況

国際理解教育センターのメールマガジン(週刊)で5週のうち2週、講習会ブログで随時、情報提供を行っている。

事業に関するPR・メッセージ

PLTは森林に限らず質の高い環境教育のパッケージ・プログラムです。幅広い学科に対応可能だけではなく、価値観に関する教育やESDのキーコンピテンシー向上教育を行うのに最適です。ぜひご活用ください。また、各地の講習会開催やアクティビティの例などは以下のブログで公開していますので、閲覧してみてください。
https://pltjapan.exblog.jp/

実施主体

事業者名 特定非営利活動法人 国際理解教育センター(PLT日本事務局)
団体概要 <設立の目的>
ERIC 国際理解教育センターは、特定非営利活動法人として、国際理解教育の推進のために、教材開発、研修、調査、資料収集・提供などを使命とする。
<PLT 日本事務局について>
PLT日本事務局とは、米国PLT事務局より認証を受けたコーディネーターを代表とする日本の団体である。PLTの研修実施や、日本語テキストの出版などを通して、日本の環境教育におけるPLT推進を目指している。
ホームページ http://www.eric-net.org/
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川1-93-5 コスモ西巣鴨105
電話 03-5907-6064
FAX 03-5907-6095
E-mail eric1@eric-net.org
問合せに関する注意事項 電子メール及びFAXにて随時受付