登録年度 2003年度
氏名 道盛 正樹
(ミチモリ マサキ)
部門 市民
性別
年代 70代
専門分野 生命、自然への愛着、生態系・生物多様性
主な活動地域 兵庫県西宮市
主な経歴 平成15年3月まで川西市役所勤務、昭和49年から9年間自然保護業務に従事。昭和47年4月から日本蘚苔類学会会員。昭和52年4月から大阪市立自然史博物館友の会評議員、昭和63年4月から兵庫県自然保護指導員。平成13年9月からNPO法人大阪自然史センター理事、現副理事長。
特記事項 コケ植物観察会や講演会を通じて自然環境保全の啓発活動。各地のRDB調査に従事。教員免許(社会科)。NPO法人野生生物を調査研究する会発行「生きている武庫川」「生きている猪名川」「生きている揖保川」寝屋川市発行「寝屋川の自然」の分担執筆。 【研修受講履歴】2015近畿

活動の紹介

公園内のコケ観察

活動日 2021年10月23日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 企業・団体
活動区分 普及啓発
自然景観の中には、その土地の自然環境と、人間活動のバランスによって構築されているものが多く知られています。里山景観などはその代表的なものです。京都ではコケ植物が密生する、いわゆる苔庭と呼ばれるような日本庭園が多く見られます。これらの多くは、京都独特の自然環境と、人間活動のバランスによって生まれた景観だと考えられます。 この講座では、1)コケ植物とは何か、2)どのようなコケ植物が苔庭や里山すそ野に見られるか、3)人と自然の関わりの大切さについても考えていきます。

親と子の りらっくすたいむ 「tsu★do★i」 「コケテラリウムづくり 〜コケの STEP A.B.C〜」

活動日 2020年7月16日
分野 自然への愛着
対象 大人
属性 自治体
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
「コケ・こけ・苔」をスライド・絵本・実習で身近に知ってもらうこと 感想 意外に身近にあるけど機会がなかった。人形がかわいらしくポイントになってよかった。珍しいプログラムで良かった。普段足元にある気にも留めていないコケの 4 憶年もの歴史を感じ、30 年ちょっとの私は、まだまだだなぁと思いました。楽しい企画でビデオや詳しい説明のおかげでよく知れました。子ども用に絵本を読んでくれたり、詳しく説明よかった。作品も作りやすかった。

コケをたずねて 有馬富士公園

活動日 2020年6月24日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 その他
活動区分 講演・講師
八百万生きとし活けるもの生かし生かされつねはなし 見る 視る 観る 見つめる 見続ける 「モデル植物としての苔類ゼニゴケ」を紹介。 10:00~昼食をはさんで午後2時まで 「コケは湿り気のある所にしか育成しないと思っていた私にとっては目から鱗の解説でした。さらに、岩に生えているコケに植物の種が落ち、そこから芽を出し木が育っていくそうです。コケって、苗床の役割もしているのですね。」など、コケ観察から自然循環の一端をみていただけた。

都市公園で半日自然ウォッチング

活動日 2019年10月13日
分野 自然への愛着
対象 子ども
属性 小学校
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
畑地や水田にもそれぞれに独特のものが見られるし、市街地でもいくつもの種が生育している。生育する基質としては、土や腐植土、岩上、他の植物体(樹皮、葉の表面、樹枝)などあらゆる場所に、さまざまな形で生育する。

川西市高齢者大学自然学科講座講師 「里山のコケ植物」

活動日 2019年7月11日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 自治体
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
「八百万生きとし活けるもの生かし活かされつねはなし」となぞらえて、自然の一端、コケ植物を通じて自然観察方法をしめした。 見る 視る 視る 見つめる 見つ続ける ことによって、自然の広がり、繋がりなどを想像してもらう。

吉野川コケ調べ隊行事

活動日 2019年5月6日
分野 自然への愛着
対象 大人
属性 その他
依頼元 企業・団体
活動区分 普及啓発
山裾から歩道沿いにコケが生育してる様子をみてもらう。石垣、コンクリート、土、樹幹など目を凝らせば見えてくるコケたちの種類の多さから、さまざまな環境を想像してもらう。

コケワークショップ

活動日 2019年4月21日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 企業・団体
活動区分 普及啓発
堺ふれあいの森を会場に、春のコケを観察。

自然観察会「コケ調べ観察のポイント」

活動日 2019年3月24日
分野 自然への愛着
対象 子ども
属性 その他
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
開催している企画展にあわせ、コケの観察会を開催しました。講座形式でコケとはどのような生き物なのかを学んだあとはコケマップを片手にあくあぴあ周辺のコケを探しに行きました。開催時間:13:30-15:30 開催場所:芥川緑地 参加費:無料 参加人数:31名 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)

化学物質(生活材料)管理

活動日 2018年12月11日
分野 公害・化学物質
対象 大人
属性 高校以上
依頼元 高校以上
活動区分 講演・講師
平成30年12月から平成31年1月にかけて、〇〇大学で化学物質と廃棄物、公害、地球温暖化、オゾン層の破壊、身近な暮らしとのかかわりについて講義を行った。また、生活に身近な化学物質の管理に主眼を置き、環境基本法と個別法及び関係条約の位置づけについて概論を講義しました。

地球温暖化と私たちに出来ること

活動日 2019年1月24日
分野 地球温暖化
対象 大人
属性 企業・団体
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
平成31年1月、ボランティア活動を行っている公益財団法人〇〇の海外研修生に対し環境省及びIPCC5次評価報告書の資料、動画を中心にパワーポイントを用いて講義。自分たちの暮らしの中で出来ること、省エネ・節エネと資源・廃棄物リサイクルとの関係について話を行った。

コケワークショップ

活動日 2018年12月1日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
自然の神秘の入り口として、コケを紹介した。プリザーブド加工したコケを使ったストラップづくりにも挑戦!コケスタンプで絵葉書づくり、コケに関する質問にも対応した。

川西のこけと生育環境

活動日 2018年7月12日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 自治体
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
身近な里山環境のある満願寺境内を中心にして、コケの生育場所の違いについて観察した。4億年前に陸上に進出したコケの祖先から陸上植物の繁栄が起こったこと。土の上、岩の上、樹の幹などにコケ植物が生育環境に適応した性質を獲得していることを観察を通じて、自然環境の保全を考えた。

川西市高齢者大学自然学科講座講師 「里山のコケ植物」

活動日 2017年6月8日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 自治体
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
川西笹部一帯の里山林は地域のシンボルとなっている。小さな緑であるコケ植物の多様性が身近にも感じられることをその生育環境と結びつけ解説した。

ぶらっとコケ散歩~初心者向けコケ観察会(奈良公園でコケ観察)

活動日 2017年3月19日
分野 生態系・生物多様性
対象 子ども
属性 その他
依頼元 その他
活動区分 講演・講師
コース県庁~依水園~二月堂(手向山八幡宮)~飛火野。コケ観察に欠かせないルーペに使い方、蘚類・苔類の観察ポイントを解説し、コケから広がる自然の多様性を感じてもらった。

コケ観察会

活動日 2017年6月17日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 企業・団体
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
兵庫県六甲山 ハイキング道 山田道でコケを通じて生きものの繋がりを観察する。オオルリの巣を観察、巣作りにコケが使われている。野鳥の生息環境を巣作りから考えてみることができた。

吉野川紀の川しらべた隊~吉野山のコケをしらべよう

活動日 2017年5月7日
分野 生態系・生物多様性
対象 子ども
属性 自治体
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
神社の石垣は人間が組んだものだが、その石はこのこの地域の砂岩や泥岩などの堆積岩であり、そこに生えているコケ(コバノチョウチンゴケ)はこの地で自生していたもので、植え付けたものではない。 こんな景観に代表される人と自然の上手なおつき合いの姿を、コケの観察を通して参加者のみなさんと一緒に考える。

ガラスの中の小さな地球!苔テラリウムづくり

活動日 2017年7月28日
分野 生態系・生物多様性
対象 子ども
属性 小学校
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
ガラス瓶の中に、本物の苔やミニチュアアイテムを入れて、自分だけの小さな地球(森)を作ろう!夏休みの自由研究や工作に。

都市部・周辺部のコケ植物調査

活動日 2015年3月18日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 その他
活動区分 講演・講師
淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」、滋賀石山寺、奈良長谷寺、24回累計約252名にコケ植物を視点に地域の多様な自然環境保全を解説した

川西市高齢者大学自然学科講座

活動日 2015年6月11日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 自治体
依頼元 自治体
活動区分 講演・講師
「里山のコケ植物」6月11日および 6月30日 里山の森は地域のシンボルとなっている。その移り変わりを紹介するとともに小さな緑であるコケ植物の多様性が身近にも感じられることをその生育環境と結びつけ解説した。36名、32名、川西市笹部

川西市まちなかアートフェスティバル

活動日 2015年3月1日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 自治体
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
コケ植物の解説とテラリウムづくりを実施 コケの生育環境を考える 21名

「街中のコケ観察」

活動日 2016年2月22日
分野 生態系・生物多様性
対象 子ども
属性 自治体
依頼元 企業・団体
活動区分 講演・講師
街中でも様々な種類が観察できる。 コンクリート・土崖・石垣・土上・庭石・松の樹皮 小さな環境の違いを感じ取る 40名の参加

「コケの観察入門」コケ植物(10種類)の生育環境を知ろう

活動日 2016年2月15日
分野 生態系・生物多様性
対象 大人
属性 その他
依頼元 その他
活動区分 講演・講師
「コケの観察入門」コケ植物(10種類)の生育環境を知ろう ・苔類蘚類ツノゴケ類の3分類 ・生育基物(土・岩・樹幹) / 乾燥・湿潤・水辺(水中) / 陽地・半陽地・陰地 ・コケ植物のふしぎ をサブテーマに 80名